川西池田駅は、兵庫県川西市栄根二丁目にある、JR西日本福知山線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




福知山線が非電化だった頃をなんとなく覚えている吾輩でございますのでね、何か隔世の感が致しますですな~。能勢電が駅前まで単行で乗り入れていた、なんて痕跡たるものは最早跡形もなくっつうか微塵もございませんね。 尼崎からここまで福知山線の快速で来ましたが、途中の例の事故現場を事故後初めて通過しながら見たんですけどね。今はもうあのマンションも取り壊され跡地には慰霊施設が建てられております。二度とあんなことが起こらない様に祈るしかございませんです。合掌。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    川西池田駅(かわにしいけだえき)は、兵庫県川西市栄根二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線の駅である。「JR宝塚線」の愛称区間に含まれる直営駅(宝塚駅の被管理駅)。初代の駅は摂津鉄道の終点として開業した。当時の位置は現在とは異なり、猪名川を渡る呉服橋近く(当時の地名で川西村大字小花字大畑)に駅があった。このため駅名は「川西」を名乗らず、猪名川の対岸で栄えていた「池田」とされた。その後、阪鶴鉄道の駅となり、宝塚方面に延長するにあたって駅を移転。この時移転された駅の位置は、現在より西寄りの場所で、国道176号線の寺畑1丁目信号の前あたりにあり、一度仮停車場への移転を経て本停車場に移転している。1925年に川西が町制を敷いて以降、所在地に合わせて駅名を改称する機運が高まり、数度に渡り駅名の改称を請願したが受理されなかった。川西の町制25周年にあたる1950年前後に運動は盛んになり、国鉄などに陳情が行われたが、池田市もそれに反対する陳情を行ったため、間を取って「川西池田」となった。非電化当時の構内は、駅の北東部に貨物取り扱い施設と機関支区が設置され、広い敷地を有していた。また、阪鶴鉄道時代には駅前の丘に阪鶴鉄道本社があった。乗客は箕面有馬電気鉄道(現在の阪急電鉄)の開業に伴って漸減し、福知山線の電化・複線化まで川西能勢口駅の一人勝ち状態が続いていた。福知山線の電化・複線化にあたり、当駅を両方向で待避可能な駅に改造し、駅前にロータリーを作るため、元貨物ヤードがあった現在の位置に3度目の移転をした。移転後の旧駅の遺構として駅前広場が90年代初めまで形を残していたが、線路を跨ぐ道路の敷地になり姿を消した。島式2面4線のホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。進行方向ごとに列車の待避が可能である。本線は内側の2番のりばと3番のりばで、運転手の取り扱い上はそれぞれ「下り本線」と「上り本線」と呼ばれる。待避線の1・4番のりばは有効長がさらに長く造られている。特急列車は通過するが、その他の営業列車は停車する。日中時間帯の停車本数は1時間に8本で、区間快速と普通列車がそれぞれ4本ずつ停車する。区間快速は当駅から中山寺方の各駅に停車する。日中の上りの区間快速と日中以外に運行される快速・丹波路快速の多くは当駅で普通との緩急接続が行われる。朝晩にはJR東西線に直通する快速も停車するほか、朝ラッシュ時は本数が非常に多い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。