花巻空港駅は、岩手県花巻市二枚橋にある、JR東日本東北本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






花巻空港駅を名乗っているのに空港ターミナルビルと4km近く離れているってのはダメっすよ。しかもわざわざ二枚橋駅から改称してそうなったってんですから。今はかろうじて路線バスが通って、空港へ行けるアクセスルートが存在するようになりましたが、永らくの間は空港に行く手段がタクシー呼ぶ以外になかったってんですから利用者無視のそしりは避けられないっすよね。利用者の誤解を招くようなことをわざわざ行うってのは行政の方々、どっち向いて仕事してるんですか?って言われても仕方ないっすよ。自分たちで自分たちの首を絞めているのに等しいって気づいてほしいっすね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    花巻空港駅(はなまきくうこうえき)は、岩手県花巻市二枚橋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)東北本線の駅である。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅である。互いのホームは跨線橋で連絡している。北上駅管理の業務委託駅(JR東日本東北総合サービス受託)。駅舎内部には自動券売機がある。1997年に貨物列車の発着がなくなって以降は、JR貨物の駅は車扱貨物の臨時取扱駅となっている。貨物用の設備は設置されていないほか、専用線も当駅には接続していない。かつては、駅周辺にある日本重化学工業盛岡事業所へ続く専用線があった。工場で使用する濃硝酸の搬入で使用されていたが、1997年(平成9年)3月に廃止された。また、国鉄分割民営化のしばらく後まで、北日本くみあい飼料花巻工場へ続く専用線も存在し、石巻埠頭駅から飼料が輸送されていた。「花巻空港」を名に冠した駅ではあるものの、空港のターミナルビルに近接して設置されているわけではない。花巻空港にもっとも近い駅であったため「二枚橋駅」を改称したが、空港の敷地が駅の目の前にあるというだけで、ターミナルビルへは約3.8kmの距離があり徒歩圏とは言い難い(2009年4月のターミナルビル移転前でも約2kmの距離があった)。かつては岩手県交通による当駅 – 花巻駅 – 北上駅間の路線バスが旧ターミナルビルに乗り入れてはいたものの本数は少なかったほか、航空機のダイヤと連携したものではなかった。なお、当該バス路線はターミナルビル移転後も経路変更が行われなかったが、花巻から空港へは花巻駅と空港を結ぶ路線バス(当駅を経由しない)が新設されたほか、盛岡市内から空港へは航空機のダイヤと連携した高速バスが東北自動車道経由で直行していたことから、当駅は空港アクセス駅としての意義を見出せない状態が続いていた。しかし、2013年9月30日をもって前述の花巻駅 – 空港間の路線バスが廃止されたことに伴い、翌10月1日から前述の盛岡市内と空港間の路線が当駅を経由するようになったことにより、特に花巻側からの公共交通機関を用いた空港アクセスに供されるようになった。なお、ターミナルビルは当駅より釜石線似内駅の方が近い(約2.8km)が、釜石線自体の列車本数が少ない上に同駅は快速列車が停車しないこともあり、停車する列車の頻度は2 – 4時間に1本程度である。また、同駅付近と空港間の路線バスも設定されていない。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。