祝園駅は、京都府相楽郡精華町大字祝園小字長塚にある、JR西日本の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








京都で生まれ育ったワタクシ、記憶に残っている精華町辺りと言えばこのように発展をする以前の風景でしたのでね。片町線がまだ電化される以前の。つまり大昔ですなw 主として近鉄の車窓からしか眺めたことがございませんでした当時、田園風景しか覚えておりません。同志社のキャンパスが出来たあたり以降ですかね、急速に発展して学研都市計画で飛躍するはずだったんですね。片町線の愛称も学研都市線になった位ですから。これからどの様な変化が起きるのか起きないのか、興味深いですな。近鉄の新祝園駅と橋上通路で繋がるとは思っても居なかったワタクシでございました。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    祝園駅(ほうそのえき)は、京都府相楽郡精華町大字祝園小字長塚にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)片町線(学研都市線)の駅。精華町の代表駅である。難読駅の一つ。交換設備を有した相対式ホーム2面2線と木津方面ホーム東側に留置線2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。京橋側にも引き上げ線が1本設置されている。ホームとは跨線橋で結ばれている。一部時間帯は無人となる。そのため改札機・券売機・精算機付近にはインターホンがあり、無人時間帯はコールセンターのオペレーターが対応し、各種機器を遠隔制御している。ホーム長は4両分だったが、2010年3月13日のダイヤ改正に伴い、木津駅 – 京田辺駅間でも7両編成の運行となったため、対応する改良工事を施した。これにより、かつての中線を上り本線として再整備し、7両対応の上りホームは従来の上り本線の敷地に新設した。1972年 – 1992年は無人駅扱いで出札業務は行わず、運転要員だけ配置されていた。東側に近鉄京都線の新祝園駅が隣接し、両駅は改札外の橋上通路で結ばれて乗り換えができる。改札口は1ヶ所のみ。駅業務はJR西日本交通サービスが行う業務委託駅で、長尾駅が当駅を管理している。毎時2本の快速・区間快速が発着。平日朝ラッシュ時は、毎時3本の快速が発着する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。