北山通は、京都市の主要な東西の通りの一つである。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










今ではすっかり京都のシャンゼリゼみたいなセレブっぷりで憧れの地域になっている感がございます北山通周辺なんですが、ワタクシが京都を離れて暫くしてから全通した通りでございまして、その発展ぶりはリアルタイムでは知りません。中学高校時分にデートコース(他にないからって消極的理由でw)だった植物園とて郊外感満載の地域でしたし。90年代にイトコがこの辺にいたので、その変貌ぶりとかはやりっぷりをようやく目の当たりにして実感することが出来たっていう情弱っぷりでしたし。まあ、でも知ってからはこの辺りの雰囲気が好きになりましてね。しばしば訪れるようになりました。が、近年は低迷気味なようですな。禍福はあざなえる縄の如しって例えの通りなのかも知れないし、定着し切ったってことになっちまったのかも知れないっすね。なんて考えながらの久々の散策でしたです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    北山通(きたやまどおり)は、京都市の主要な東西の通りの一つである。京都市の東西方向を結ぶ幹線道路としては最北に位置している。 東は白川通、西は紫野泉堂町を経て道なりに南西方向に曲がった、千本通に直結する今宮通との交差点を起終点とする。戦前の都市計画により建設が開始され、1985年に全線開通した比較的新しい通りである。区画整理された折に、幹線道路として十二間幅(約21.8m)で造られたため、地元では十二間通(じゅうにけんどおり)という愛称でも知られる。京都市営地下鉄北山駅付近、松ヶ崎通から北山大橋にかけて、現代建築に入居する飲食店やファッショナブルな商店などが並び、今日的な通りとして有名で、伝統的な町並の京都市中心部とは対照的なイメージを持ち独特の景観をなす。松ヶ崎橋西入から宝ヶ池通交差点付近までは、一筋北の旧道沿いに旧松ヶ崎村の集落が東西に伸びる。五山送り火の「妙」「法」の字の麓である。 それ以外の地域は新興住宅地や田畑などがあり、郊外の様相である。賀茂川以西は北に北山北通、北山北中通が、また南には北山南通が並行する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。