西小泉駅は、群馬県邑楽郡大泉町西小泉にある、東武鉄道小泉線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








周辺の人口の一割を超える外国人、特にブラジルの人が居住している大泉町とあって、駅舎がブラジルの国旗に使われている黄色や緑色を使用したり、ポルトガル語・スペイン語の表記がされています。駅だけではなく、町の商店なども、です。もはやブラジルタウンですな。地域経済がこれらの外国から来た人によって支えられているのでございますから、そうなるのは必然ですわな。あれよあれよという間にこのような状況になったことを鑑みれば、近い将来の日本国中の地方都市がこういうことになるんではないのかな、と漠然と感じた次第でございますよ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    西小泉駅(にしこいずみえき)は、群馬県邑楽郡大泉町西小泉四丁目にある、東武鉄道小泉線の駅である。島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎はホームの南端、1番線の車止めの先にあり、ホームとはスロープで連絡している。PASMO簡易改札機が設置されている。2番線の車止めの先には公衆トイレが設置されている。西側に使われなくなったホームがある。線路は残ったままだが、架線は撤去されている。当駅が立地している大泉町は人口の1割以上が外国人であり、そのうちの半数以上がブラジル人である。駅舎はブラジルの国旗に使われている黄色や緑色を使用し、ブラジルタウンの玄関口であることを表現しており、隣接した大泉町の公衆トイレにもデザインしている。駅舎入口には、ブラジルの国鳥であるトゥカーノ(オニオオハシ)をイメージした駅シンボルサインが掲出している。また当駅の駅名看板や構内の案内表示は、日本語・英語・中国語・韓国語に加え、ブラジルの公用語であるポルトガル語と南米において主に使われるスペイン語の6か国語で表記されている。1・2番線共に運転士に出発信号機が開通したことを知らせるメロディとしてLINDBERGの「今すぐKiss Me」が流れる。列車発車後も信号の現示が赤に変わるまで流れる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。