真岡駅にて静態保存されている車両たちです。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










なんともバラエティに富んだ様々な車両が静態保存されているのでございます。なんだかまだまだ未完の状態で、これからも色々な変化がありそうで楽しみですな、こりゃ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    真岡駅(もおかえき)は、栃木県真岡市台町にある、真岡鐵道真岡線の駅である。真岡鐵道本社と車両基地がある。「SLもおか」停車駅。1997年、蒸気機関車 (SL) の形を模した駅舎に改築された。関東の駅百選に選出されている。1912年(明治45年)4月1日に、下館 – 真岡間の官設鉄道真岡軽便線が開業し、真岡駅が開設された。翌年1913年(大正2年)7月11日に、真岡軽便線は真岡駅から七井駅まで延伸された。1987年(昭和62年)4月1日に、国鉄が分割民営化され、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となった。翌年1988年(昭和63年)4月11日に、JR東日本真岡線は第三セクター真岡鐵道になった。同時に真岡駅は呼称を「もうか」から「もおか」に変更した。1996年(平成8年)3月22日に、転車台を設置した。翌年1997年(平成9年)3月30日に、SLの形の新駅舎が完成し、供用開始された。同年、関東の駅百選に選出された。選定理由は「地域の核として期待される巨大な蒸気機関車の複合施設の駅」である。2013年(平成25年)4月28日に、SLキューロク館が開館した。2面3線のホームに、下館方に切り欠きホーム(旧貨物ホーム)1線を併設した地上駅である。現駅舎は、1997年3月に竣工した。改札口はあるが、「SLもおか」以外の営業列車は車内で運賃収受するため改札・集札は行わない。東口と西口を結ぶペデストリアンデッキ(東西自由通路・自転車対応)が設けられている。この自由通路は跨線橋とつながっており、改札を通らずに直接ホームに行くことができる。構内にある車両基地は旧・日本国有鉄道(国鉄)時代、水戸機関区真岡支区(略号:水モウ)があり、1970年ごろにはキハ17が7両、キハ11が5両、キハ25が6両配属されていた。また、水戸機関区のDD13形(1969年2月まではC12形)が夜間駐泊していた。切り欠きホーム(元貨物ホーム)にはDE10 1014が留置されている。かつてはキハ20形が留置されていたが、後述のSLキューロク館のオープンにあわせ、隣の展示用の線路に移された。真岡市では、2012年現在井頭公園で展示されていた9600形49671号機を真岡駅西口に移設展示し、廃車車両も外観整備をした上で移動させ真岡駅全体をSLミュージアムとして新たな観光名所を計画。2012年7月9日には、展示車両のひとつであるスハフ44 25が駅構内へ搬入。2013年4月28日に、SLキューロク館がオープンした。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。