挿頭丘駅は、香川県綾歌郡綾川町畑田にある、高松琴平電気鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






2月にはスイセン、4月にはサクラが咲き誇るという挿頭丘駅でございます。なんでも別荘地的な高級住宅街として開発された地区なんだそうで、言われてみればなるほど駅周辺はそんな感じの住宅が多いっすね。ホームは掘割の底のような場所に位置しています。ここも何気に難読駅ですな。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    挿頭丘駅(かざしがおかえき)は、香川県綾歌郡綾川町畑田にある、高松琴平電気鉄道琴平線の駅である。旧琴平電鉄が住宅・別荘地として開発した挿頭丘別荘地への最寄駅として開設された駅である。単式ホーム1面1線を有する。線路は切り通しを走り、挿頭丘周辺からは確認することが難しい。ホームや柵などは幾度か改修されたが、待合所は古くからの石積みを残している。無人駅。円座駅と同タイプの自動券売機、飲み物の自動販売機が設置されている。便所はない。シーズンが来ると、ホームの対面の傾斜面にたくさんの水仙の花が咲く。開業当初の駅舎は当時の阪急仁川駅を参考に、社長の大西虎之助が自ら設計したものであった。現在は駅舎は撤去されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。