勝田台駅は、千葉県八千代市勝田台一丁目にある、京成電鉄本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


京成電鉄本線の勝田台駅でございます。この辺りは国道16号線付近に村上団地とかが造成される頃までは何もないとしか言いようがなかった周辺地域ですが、あっという間に住宅が立ち並ぶ郊外のニュータウン化した印象でございますですな。そんな場所に東葉高速鉄道が出来て、宅地化に拍車が掛かったんですかね。それも段々と落ち着き、低成長から少子化の時代になりましたんでね、この先どうなって行くんでしょうね~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    勝田台駅(かつただいえき)は、千葉県八千代市勝田台一丁目にある、京成電鉄本線の駅である。当駅は、東葉高速鉄道の東葉勝田台駅と地下通路を介し接続している。相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅長配置駅であり、勝田台管区として京成大和田駅、志津駅、ユーカリが丘駅を管理下に置く。かつては橋上駅舎を有していたが、東葉高速鉄道線の東葉勝田台駅開業後に地下化された。開業初期には橋上駅舎が未完成で、1番線ホーム西側に仮の改札口があった。当時は千葉県立八千代高等学校の生徒の利用が主体だったとされる。コンコースおよび改札口は地下にある。なお、地下コンコースにある改札口とは別に、「南改札口」として、南口駅前ロータリーと1番線ホームを直結する改札口がある(6時から21時まで利用可能)。南口利用者が1番線ホームに向かうには便利であるが、2番線ホームに向かうには、一旦地下コンコースに降りなければならない。南改札口には駅員が常駐しているが、駅ホームに上がるには階段のみとなる。駅構内にはエスカレーターが設置されており、2011年3月にエレベーターが新設された。コンコース階と駅ホームの間は設置されたが、改札外のエレベータは北口のみで南口には設置されていない。なお、北口のエレベータも2番線ホームの一部を撤去して設置したとされる。LED式発車標がコンコースとホーム階段付近にそれぞれ2台ずつ設置されている。発車標は、3色LEDを使用していたが、2019年にフルカラーLED式に交換され、駅案内放送も成田スカイアクセスの駅と同じ内容になった。また、地下には京成と東葉高速鉄道が共同経営する定期券売り場がある。駅東側には八千代市と佐倉市の市境が存在する。駅西側には国道16号、駅北側には国道296号が通る。また、北口(A3出入口)より1.2キロメートルの位置に東葉高速鉄道東葉高速線の村上駅がある。同線の東葉勝田台駅とは近接しており、乗り換えが可能となっている。京成電鉄管轄の出入口(南口A1・A2、北口A3)の他、東葉高速鉄道管轄の出入口(T1・T2・T3出入口)があり、合計6つ出入口がある。国道296号線に最も近いT2出口以外はいずれも村上駅方面にあるため、京成線コンコースとは離れている。周辺は昭和後期頃に開発が行われた住宅街である。駅開設当時は周辺に何もない駅であったが、その後駅を中心として中規模のマンション・アパートや戸建住宅が密集し、東葉高速鉄道線開業後は少し離れた地区にも大規模マンションが建設されている。一方で駅周辺の商業は、村上駅前のフルルガーデン八千代をはじめとする大型商業施設(ロードサイド店舗など)に客が集中しているため、駅周辺の商業活性化が求められている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ