入間市駅は、埼玉県入間市河原町にある、西武鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。











西武池袋線の入間市駅でございます。国道16号に平行して約4.3kmほど先には西武新宿線の狭山市駅がございますが、この間を結ぶ鉄道はございませんし、元より計画もございません。拙者はかつて敷設すればいいのにとか、脳内で勝手に想像したりしてましたですわ。カンケーないけど、大昔に勤務していた会社の同僚だったヤツが、ニンゲン市って何処?とか拙者に聞いて来たことがありましたな。この駅の事ですけどね、アホですなw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    入間市駅(いるましえき)は、埼玉県入間市河原町にある、西武鉄道池袋線の駅である。単式ホーム1面と島式ホーム2面4線、計3面4線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。1番ホーム(現在使用停止中)と2番ホームは同じ線路を共用している。ホームと改札階との間は階段のほかエスカレーターとエレベーター(1番ホームを除く)により連絡している。トイレは2階改札内にあり、多機能トイレも設置されている。このほか改札外の南口駅前広場に公衆トイレがある。なお、1番ホーム(使用停止中)は特急専用で、中間改札が設置されていた。自動改札機はない。駅の前後はS字型の急カーブになっている。かつて1番ホームは飯能・西武秩父方面特急専用ホームとして使用されていたが、2019年3月16日から使用停止、2番ホームと線路を共用していた。これは1番ホームの有効長が7両分までしかなく、新型特急西武001系「Laview(ラビュー)」が8両編成であり、1両分ホームが短い為の措置と思われる。入間市の行政・商業の中心で、市役所の最寄り駅であるが、市域の中では端に位置しており、北隣の狭山市との市境付近に位置する。実際、北東に900mしか離れていない東隣の稲荷山公園駅の所在地は狭山市である。埼玉県西部地区有数の大型店・映画館集合地域である一方、駅前から集合住宅も多数立ち並び、その結果、西武入間ペペ・丸広百貨店入間店・サイオス・ipotなど商業施設を含むビルの群と集合住宅が混在する。南口からは狭山市駅、河辺駅、箱根ケ崎駅、武蔵藤沢駅方面の路線バスが発着しているほか、ザ・モールみずほ16の無料送迎バスも発着している。徒歩圏には豊岡・入間向陽の2校の県立高等学校があり、さらに私立の東野高等学校へのスクールバスが発着している。(東野高校へは路線バスでもアクセスことができる。)そのため、朝間は東京都心方面に向かう通勤・通学客とこれらへ通学する学生・生徒の流れの大部分が逆向きに合流し、階段や改札口が混雑する原因の一つとなっている。コミュニティ放送局FM茶笛の最寄り駅でもある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ