鵜方駅は、三重県志摩市阿児町鵜方にある、近鉄志摩線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








近鉄志摩線の鵜方駅でございます。志摩市の代表駅で、全列車が停車するんですな。尤も、1960年代には辺りは水田地帯だった様で、観光開発が進むにつれ観光拠点駅の一つに変貌していったってことですから歴史的にはまだ新しいのでございますね。志摩スペイン村や英虞湾南側方面にはこの駅が玄関口になりますですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    鵜方駅(うがたえき)は、三重県志摩市阿児町鵜方にある、近畿日本鉄道(近鉄)志摩線の駅である。志摩市の代表駅である。冬季になると駅前には地元有志によるイルミネーションが併設される。志摩地方の玄関口に位置づけられる駅であるが、1960年代後半に開発されるまで駅の南側一帯は水田地帯であった。島式ホーム1面2線を持つ地上駅で橋上駅舎を有する。ホーム有効長は8両。改札は3階、ホームは1階に設けられている。改札口は1箇所のみ。出入口は南北双方に設けられており、南側にはバスロータリーがある。開業当時は北口が駅の正面であったが、1960年代後半から北側の混雑解消のために南側が開発され、以降南口が正面となった。全ての定期旅客列車が停車する。終日、阪伊乙特急と名伊乙特急が毎時1本ずつ、ワンマン運転の普通列車が毎時2本停車している。日中の一部時間帯は乙特急の代わりに甲特急および京伊特急、観光特急「しまかぜ」が加わって1時間3本 – 4本の停車となる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ