阿字ヶ浦駅は、茨城県ひたちなか市にある、ひたちなか海浜鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




ひたちなか海浜鉄道湊線の阿字ヶ浦駅でございます。終着駅でございます。国営ひたち海浜公園の最寄り駅ですが、少々距離があるのでここからシャトルバスが運行されているのですが、湊線を延伸する計画があります。国営ひたち海浜公園の南側を通って大規模複合商業施設がある公園西口付近を終点とする約3.1キロメートルの路線延伸の計画なのだそうです。既に事業認可されたとのことで、着工を待つばかりですな。この阿字ヶ浦駅は中間駅になりますが、交換設備を新設して行き違い可能駅とする予定だそうですな。駅舎は古いものが残っております。阿字ヶ浦だけに味がある、とかくだらぬ駄洒落は言いませぬ(←もう言ってるがなw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    阿字ヶ浦駅(あじがうらえき)は、茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町にあるひたちなか海浜鉄道湊線の駅。同線の終着駅である。ひたちなか市(旧・那珂湊市)東部に位置している。当駅は阿字ヶ浦海水浴場、国営ひたち海浜公園、隣の磯崎駅と共に酒列磯前神社の最寄り駅である。当駅から国営ひたち海浜公園までの延伸計画がある。地上駅で、島式ホーム1面2線(駅の外側の1線のみ使用)と留置線を有するが、留置線は本線からのポイントが撤去されていて、使用することができない状況にあり、列車は那珂湊駅まで引き返して停泊する(平日早朝の始発列車は那珂湊駅から回送される)。かつては機回し線もあったが、勝田駅方とは逆側のポイントが撤去されていて、こちらも使用不可となっている。以前は駅員が配置されていたが、無人駅である。国営ひたち海浜公園の繁忙期には、当駅から公園まで運行されるシャトルバスの対応のため係員が配置されることがある。かつて構内の側線には廃車体(キハ201・キハ221)が置かれ、夏の海水浴客の臨時更衣室として使われていたが、老朽化が著しく2009年3月に撤去された。その後、ホームに面した駅舎側の線路に廃車となったキハ222・キハ2005の2両を留置しており、イベント時に車内を公開したこともある。2010年10月から改修工事が行なわれ、ホームの嵩上げ(通常使用している1線の3両分のみ)とスロープ設置によるバリアフリー化がなされ、同年12月より使用が開始された。現在使われていない部分も含めると、長さ(有効長)そのものは7両分あり、かつて上野駅から臨時急行「あじがうら号」が運行されていた名残である。2021年には美乃浜学園駅開業に合わせた改修として、ホームへの転落防止柵および上屋(2両分)の設置、列車非常停止警報装置の新設が行われた。また、今後の国営ひたち海浜公園方面への延伸に合わせ、当駅への交換施設整備が検討されている。駅舎内には自動券売機(タッチパネル式)が設置され、湊線片道券、湊線往復券、湊線回数券、湊線フリー乗車券、JR東日本への連絡券が購入可能である。また、前述の係員配置時は臨時販売が行われ、その際には硬券の取り扱いがされることもある。2021年6月19日、「三鉄ものがたり実行委員会」がクラウドファンディングにより駅構内に保存されている1962年製造の気動車「キハ222」を御神体として「ひたちなか開運鐵道神社」を建立した。気動車「キハ222」が44年間無事故だったことから交通安全や長寿をご利益としている。鳥居は鉄道の線路を利用している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ