長者ケ浜潮騒はまなす公園前駅は、鹿嶋市にある、鹿島臨海鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅でございます。開設当時、日本一長い駅名として話題になりましたですね。今でもホームに設置されている看板には日本一長い駅名と記載されておりますが、現在は抜きつ抜かれつで、その座は富山地方鉄道の富山トヨペット本社前(五福末広町)停留場に明け渡しております。こういうのって話題になるメリットがあってヨロシイことではありますが、実際に利用する側にはメーワクだったりしますなw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅(ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまええき)は、茨城県鹿嶋市大字角折にある鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の駅である。当駅は大野潮騒はまなす公園の最寄り駅である。1990年(平成2年)11月18日 – 開業。単式ホーム1面1線の地上駅。無人駅である。上り(鹿島大野・新鉾田・大洗・水戸方面)、下り(鹿島神宮方面)と共に、概ね1時間に1本の普通列車が停車する。読み仮名が22文字あり、かつては南阿蘇鉄道高森線の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」と並んで日本一長い駅名であった。正式表記では13文字あり、開設当初は正式表記でも日本一長い駅名(それまでのトップは、読み仮名の文字数では札幌市電の西線9条旭山公園通停留場(20文字)、正式表記ではやながわ希望の森公園前駅(11文字))であったが、1992年(平成4年)に南阿蘇鉄道高森線に「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」(正式表記で14文字、読み仮名で22文字)が開業。読み仮名の文字数では同数だが、正式表記の文字数で日本一の座を同駅に譲った。2001年に一畑電気鉄道北松江線の古江駅が「ルイス・C・ティファニー庭園美術館前駅」(正式表記で18文字、読み仮名で24文字)に改称され、読み仮名でも日本一の座を明け渡したが、同駅が2007年(平成19年)5月21日に「松江イングリッシュガーデン前駅」(正式表記で14文字、読み仮名で16文字)に改称されたため、日本一に返り咲いた。2020年(令和2年)3月20日に、京福電気鉄道北野線の等持院駅が等持院・立命館大学衣笠キャンパス前駅(読み26文字、表記17文字)へ改称されたため、同日から日本一長い駅名の座を明け渡し、さらに2021年(令和3年)1月1日に、富山地方鉄道の富山トヨペット本社前(五福末広町)停留場がトヨタモビリティ富山 Gスクエア五福前(五福末広町)停留場(正式表記で26文字、読み仮名で32文字)に改称されたため、現在はこちらが日本一長い駅名である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ