廿日市駅は、広島県廿日市市駅前にある、JR西日本山陽本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








山陽本線の廿日市駅でございます。相対式2面2線の駅でございます。2015年(平成27年)に橋上駅化され、その後に駅舎も駅前広場もリニューアルされておりますですな。特に駅前広場の屋根とかに木のイメージが色濃いですな。けん玉の意匠があちこちに見られます。廿日市市内の何処かに親戚があって、幼い時に来ているはずなんですが、全く覚えていないのでございます。覚えているのは、毎年牡蠣を京都に送って下さいましてね、小学校低学年の頃に大当たりを致しまして、死ぬほどの目に遭ったことがトラウマになったためか、それ以後カラダが牡蠣を一切受け付けてくれませぬ。幾度かトライしたんですが、ダメなんですよね~。トラウマってのは恐ろしいですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    廿日市駅(はつかいちえき)は、広島県廿日市市駅前にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線の駅。相対式2面2線のホームを持つ地上駅で橋上駅舎を有する。駅構内にはエレベーターが設置されている。改札口、上下線ホームにLED発車標が設置されている。JR西日本中国交通サービスによる業務委託駅で、みどりの券売機プラスが設置されている。構内にトイレは無く、南口ロータリーの公衆トイレ(バリアフリー対応)を利用する。駅舎は鉄骨造であるが、木工の街を意識した内外装になっており、広島近郊の駅舎では珍しいデザインである。徒歩3分の所に広島電鉄宮島線の広電廿日市駅がある。駅前には、古くからの商店街がある。かつて二十日の日に、市場が開かれていた。廿日市の名前の由来である。徒歩3分の中央公民館のあたりが、西国街道の廿日市本陣であった。洞雲寺という禅宗の寺がすぐそばにある。とても古い寺で、毛利元就との厳島の戦いで名高い陶晴賢の墓がある。本尊は釈迦如来像。桂公園という広い公園がある。元は、桜尾城といって海に浮かぶ城であり、厳島の戦いの折には毛利元就が陣を敷き、後には豊臣秀吉も宮島に参詣する際に滞在している。その後荒れていたが、その城主の子孫の桂太郎(明治期の元老・総理大臣・公爵)が土地を買い戻して当時の廿日市町に寄贈し、公園としたので桂公園という。天満宮がある。高台にあり、廿日市市内を一望できる。大きな楠が名物で、下から眺めてもよく見える。1991年(平成3年)の台風19号によりいくつかの木は倒されてしまったが、残った現在ある楠もすばらしいものである。駅裏の北側には田や山が残っていたが、駅裏の工事によって一変し宅地に変わろうとしている。駅の南側は廿日市駅への道が造られようとしている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ