沼津駅は、静岡県沼津市大手町一丁目にある、JR東海の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




東海道本線と御殿場線の沼津駅でございます。貨物駅でもあるので広大でございます。かなり久々に訪れております。かつては南口駅前から路面電車の伊豆箱根鉄道軌道線が存在しておりましたですな。今回は反対側の北口の方に来ております。面白いモニュメントがあるってのを確認するためでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    沼津駅(ぬまづえき)は、静岡県沼津市大手町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。静岡県東部の主要都市である沼津市の代表駅であり、同市の市街地中心部に位置している。東海道本線及び御殿場線のJR東海旅客駅とJR貨物の貨物駅が同居する駅である。駅の開業は1889年(明治22年)である。開業時から国有鉄道の駅だったが、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化によりJR東海・JR貨物の2つの事業者が運営する駅となった。かつては、旅客駅・貨物駅に加え、機関車の車両基地であった沼津機関区や、貨車操車場が併設され、駅からは沼津港駅までの貨物支線(沼津港線)も分岐、駅前には路面電車の停留場(沼津駅前停留場)がある鉄道の中心地であった。沼津市などは、沼津駅付近を高架化して、貨物駅を移設する計画を進めている。東海道本線を所属線とし、それに加えて御殿場線の2路線が乗り入れている。東海道本線では沼津駅は路線の中間に位置する中間駅の扱いだが、御殿場線は終点である。いずれの路線も、JR東海が第一種鉄道事業、JR貨物が第二種鉄道事業となっている。当駅には東海道本線で運行される寝台列車「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」を含めた当駅を経由する全ての旅客列車が停車する。東海道本線の普通列車は静岡県内で運行される列車のほか、東京駅方面との直通列車が1日9往復設定されている。そのうち一部の列車を除いて東京駅経由で東北本線上野駅あるいはその先、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内・東北本線や高崎線との直通運転が行われ、最遠で栃木県の宇都宮駅、群馬県の高崎駅までが当駅と一本の列車で結ばれている(ただし、当駅発高崎線直通の設定はなく、当駅行きのみ)。また、当駅は東海道本線において東京方面から普通列車の直通列車が運行される最西端の駅である。かつて、東京駅発着の普通列車は当駅まで1時間あたり1 – 2本乗り入れていたが、2004年(平成16年)10月16日のダイヤ改正でJR東日本とJR東海の境界駅である熱海駅で多くの普通列車の運転系統が分割され、朝夕の通勤時間帯と夜間を除いては同駅での乗換が必要となった。また、かつては当駅より西へも東京駅から直通の普通列車が設定されていたが、2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正で最後まで残っていた東京駅 – 静岡駅間の直通列車1往復が消滅した。御殿場線には、1991年(平成3年)3月16日のダイヤ改正から2012年3月17日改正まで、同線と小田急電鉄小田原線を経由して当駅と新宿駅を結ぶ特急「あさぎり」が1日4往復当駅まで乗り入れていた。東海道新幹線が計画された際には、線形の関係と沼津付近の地盤が悪いことから隣の三島駅を経由するルートが建設され、沼津に駅は設けられなかった。かつては、沼津駅前を発着する路面電車が存在した。日本で9番目の電気鉄道として開業した駿豆電気鉄道、後の伊豆箱根鉄道軌道線がそれで、駅前から三島広小路駅へ向かっていた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ