加茂駅は、京都府木津川市加茂町にある、JR西日本関西本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。







関西本線の加茂駅でございます。島式2面3線の駅でございます。関西本線はここから亀山駅までが非電化区間でございます。従って1両編成(単行)気動車がワンマン運転で運航されております。逆の木津駅方面は電化されており、大和路線の愛称区間となっております。これはエライ違いでございます。現在はこの駅を跨いで運転される列車はございません。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    加茂駅(かもえき)は、京都府木津川市加茂町駅西一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線の駅である。1897年(明治30年)に奈良経由で大阪と名古屋を結ぶ関西鉄道の駅として開業した。私鉄であった関西鉄道は、官設の東海道本線と競争関係にあったが、1907年(明治40年)に国有化され関西本線となった。その後、日本国有鉄道(国鉄)を経て、1987年(昭和62年)JR西日本の駅となる。国鉄時代は当駅は非電化であったが、JR西日本となった翌年の1988年(昭和63年)3月、木津駅から当駅までの電化が完成し、当駅は電化区間(JR難波駅方面)と、非電化区間(亀山駅・名古屋駅方面)の境界駅としての位置づけが与えられ、同時に電化区間には「大和路線」の愛称が付けられた。現在は当駅を跨いで運行される列車は存在しない。これ以降も関西本線単独駅であることは変わらないが、案内上では、当駅から亀山方面を「関西線」、奈良・天王寺方面を「大和路線」と呼称を分けており、車内放送でも当駅が「大和路線」と「関西線」の乗換駅として扱われている。2面3線の島式ホームを有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。中央の線は両側にホーム(2・3番のりば)がある。また、ここは関西本線の奈良方面と亀山方面との乗り継ぎ駅となっている。ここから奈良・天王寺・大阪方面には4 – 8両の電車が1時間あたり日中1本、ラッシュ時は3 – 4本程度、伊賀上野・柘植・亀山方面には1 – 2両の気動車が1時間あたり日中1本、ラッシュ時は2本程度発着する。路線風景もここを境に一変する。ホームの移動は跨線橋を使う。大仏鉄道の遺構である、開業当時からのランプ小屋が現存する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ