川奈駅は、静岡県伊東市川奈にある、伊豆急行伊豆急行線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








伊豆急行伊豆急行線の川奈駅でございます。相対式2面2線の交換可能駅でございます。一線スルー化されております。特急通過駅ですが、偶に臨時停車する特急が存在致します。丁度、リゾート21こと2100系R-4編成、黒船電車を見ることが出来ましたですな。この豪華な車両が普通列車として運行されて特別料金不要で乗車できるとは驚きで御座い居ます。ああ乗りたい、と思うオイラでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    川奈駅(かわなえき)は、静岡県伊東市川奈にある、伊豆急行伊豆急行線の駅である。普通列車のみ停車する駅だが、フジサンケイレディスクラシック開催日には、一部の特急が停車する。当初は川奈ホテル付近に設置することも検討されたが、川奈ホテル側が「当ホテルはリゾートホテルの趣旨を理解された、それなりのステータスのお客様を対象としており、それらの方々は自家用車で来られるわけであるから電車で来場する一般客を対象としているわけではなく、そのために騒がしくなることはホテルの趣旨に反する」と断った逸話は有名な話である。その結果、川奈集落へ至る道に面した現在の場所に建設された。開業時周囲にはほとんど建物が無かったが、国道135号が近くを走っていることや、伊東駅まで2駅という利便性から徐々に宅地化が進んだ。また店舗併設駅舎への改築やユニー伊東店(現・アピタ伊東店)の開業などの影響もあって、現在では伊東のベッドタウンとなった。現在の駅舎は1980年代に建設されたもので、2代目にあたる。伊豆急行線の特急通過駅としては珍しく、食料品スーパー(東急ストア)や金融機関(三島信用金庫)などが駅舎に併設されている。駅前に伊豆急東海タクシーの乗り場がある。相対式ホーム2面2線を有する地上駅。開業時、ホームと駅舎は構内踏切で結ばれていたが、駅舎改築時に構内踏み切りは廃止され地下道が新設された。また、この際にホーム上屋も延伸されている。トイレは1番ホーム上にある。ホームの富戸寄りには、椿やツツジが多数植えられている。一線スルー構造になっているため(2番線が本線)、通過列車のほとんどは、上下どちらとも2番線を通る。停車列車は基本的に方向別に停車するが、通過列車を待ち合わせる場合など、逆のホームに入る場合がある。そのため、出発信号機は1、2番線とも上下両側に設置されている。周囲には住宅地が広がっている。観光スポットは車で5分程度の距離に散在している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ