伊豆高原駅は、静岡県伊東市八幡野にある、伊豆急行伊豆急行線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








伊豆急行伊豆急行線の伊豆高原駅でございます。車両基地が併設され、全列車が停車する拠点駅でございます。伊豆急行本社もここにございます。島式と単式計2面3線でございます。伊東のみならず伊豆のシンボルである大室山への観光拠点でもございますが、あいにくの天候でございまして大室山の姿は全く拝めませんでしたな。代わりに車庫で停泊しているリゾート21のTHE ROYAL EXPRESSの姿を眺めるオイラは鉄ヲタジジイでございますですわ、トホホ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    伊豆高原駅(いずこうげんえき)は、静岡県伊東市八幡野にある、伊豆急行伊豆急行線の駅である。第1回中部の駅百選に選ばれた。所在地の地名は伊東市八幡野だが、別荘地や行楽地として開発の拠点とする意図を踏まえ、伊豆高原とされた。だが隣の城ヶ崎海岸駅より標高が低い。島式ホーム1面2線と単式ホーム1面1線、計2面3線を有する地上駅。海側に車両基地(伊豆高原車両区)が併設されている。乗務員区所(伊豆高原運輸区)があり、一部列車で交代が行われる。2番線を上下本線とした一線スルー構造になっている。
    時間帯によって、1~3番線すべてが上下列車に使用される。なお構造上1番線で車両の増結が行われる運用は存在しない。特急待避(緩急接続)がない場合、下りは2番線、上りは3番線に入線する。特急待避(緩急接続)がある場合、下りでは普通列車が1番線に入線し特急列車が2番線に入線する。上りでは普通列車が2番線に入線し特急列車が3番線に入線する。引き上げ線から増結車両が入れ替えを行う際は2・3番線を支障するため、当駅で増結する列車と行き違いを行う下り列車は1番線に入線する。朝夕を中心に車両交換が行われるが、その際はホームを共用する1・2番線を使用して乗換えを容易にしている。日中の閑散期は当駅で普通列車の増解結が行われ、熱海方面は6両、伊豆急下田方面は3両で運転される。(リゾート21運用時は当駅で8000系電車と車両交換することがある。)伊東方面に引き上げ線があり、普通列車の増結編成の留置に使われる。下田方面にはホームから引き上げ線はない。伊豆高原車両区への引き込み線は伊豆急下田方面から分岐しており、入出庫する車両は一旦分岐奥の本線上に停車してから折り返す。駅周辺には2019年に引退したクモハ103が保存されている。駅舎は高台の上にある橋上駅だが、エスカレーター・エレベーターを利用すると階段を使わないでホームと改札の移動が可能である。なおエスカレーターは上りのみの片方向運転のためホーム階から改札階への移動のみ可能。その他、駅前には有料駐車場が多く、美術館や博物館などの観光施設のほか、ペンションや別荘なども多い。また高原口の前には足湯もあり休日は常に観光客で混雑する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ