岡山駅でのサンライズ瀬戸とサンライズ出雲の解結、発車のシーン。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




高松空港に赴くため、瀬戸大橋線ホームに来ましたところ、サンライズ瀬戸とサンライズ出雲が到着し、解結後にそれぞれ出発していくシーンに出くわしましたですな。その趣味(どの趣味?)の方々がお集まりになって一斉にパリャリンコしているのを眺めながらワタクシめも、でございますですよ、アハハ。夜にサンライズに乗車して東京まで行きたくて仕方ないんですが、いわゆる雑魚寝席以外は予約が瞬殺で残席なんぞ当たりませんからね~。乗りたいな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    サンライズ瀬戸(サンライズせと)は、東京駅 – 高松駅間を東海道本線・山陽本線・宇野線・本四備讃線(瀬戸大橋線)・予讃線を経由して運行している寝台特急列車である。1998年(平成10年)7月10日に、それまで24系25形客車によって東京駅 – 高松駅間で一往復運転していた寝台特急「瀬戸」を、新たに製造した285系電車に置き換えて運転を開始した列車である。「瀬戸」では全区間単独運転であったが、東京駅 – 岡山駅間は同じく寝台特急「出雲」から置き換えられた「サンライズ出雲」とともに併結運転されるようになった。東海道本線(支線を除く)を全線走破し、なおかつJR3社以上(4社)(東日本・東海・西日本・四国)の区間を跨いで運行する唯一の旅客列車である。2015年3月ダイヤ改正前より日本語と英語の二か国語で車内自動放送が行われている。JR西日本の在来線特急列車としては本列車と「はるか」、「サンライズ出雲」、「サンダーバード」の一部でのみ行っており、寝台特急列車への導入はカシオペアに次いで二例目である。2016年3月21日(到着)をもって臨時寝台特急「カシオペア」が運行終了、翌22日(到着)をもって急行「はまなす」が最終運行となったため、同月23日以降は「サンライズ出雲」と共にJR線を走行する唯一、定期運行を行う寝台特急列車でかつ、夜行旅客列車となった。東京駅 – 高松駅間を約9時間30分で結び、毎日1往復が運転されている。西日本旅客鉄道(JR西日本)の後藤総合車両所および、東海旅客鉄道(JR東海)の大垣車両区所属の285系電車を使用している。7両編成で個室A寝台「シングルデラックス」、個室B寝台「サンライズツイン」「シングルツイン」「シングル」「ソロ」、普通車指定席「ノビノビ座席」で組成されている。また、3号車と10号車にはミニサロンが設けられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ