印西牧の原駅は、千葉県印西市原一丁目にある、北総鉄道北総線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






北総鉄道北総線の印西牧の原駅でございます。成田スカイアクセス線こと成田空港線との共用区間ですが、スカイライナーとアクセス特急は通過致します。国道464号に挟まれた掘割の中にある島式2面4線の橋上駅でございます。使われていない成田新幹線の用地には太陽光パネルが並んでおりましたですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    印西牧の原駅(いんざいまきのはらえき)は、千葉県印西市原一丁目にある、北総鉄道北総線の駅である。関東の駅百選に選定されている。当駅前後の区間は千葉ニュータウン鉄道が第三種鉄道事業者として線路を保有し、北総鉄道は第二種鉄道事業者となっている。当駅と千葉ニュータウン中央駅のおよそ中間地点には天王前駅(仮称)を設置する計画もあった。しかし、千葉ニュータウンの開発計画の見直しにより設置は見送られた。開発前の地名は草深(そうふけ)であり、駅建設当時の仮称駅名も「印西草深駅」であった。島式ホーム2面4線の地上駅で、掘割内に橋上駅舎を有し、出入口は北口と南口に分かれる。駅構内にはエレベーターが設置されているほか、ホーム上には待合室が設置されている。また、コンコースにはファミリーマートがある。開業当時は内側2線を使用しない2面2線の形態であったが、2000年(平成12年)7月22日の印旛日本医大延伸と同時に印旛車両基地が開設された際に2面4線となった。それに伴い、延伸後も当駅始発・終着列車が設定されているほか、車両交換なども行われる。また、2010年(平成22年)7月の京成成田空港線(成田スカイアクセス)開業後は、北総線の朝時間帯の上下列車と夜時間帯の上り列車が、当駅で「スカイライナー」もしくはアクセス特急を待避する場合がある。かつては日中運行される北総線列車の3分の1程度は当駅で京成高砂方面に折り返していたため、印旛日本医大へは40分間隔が開く場合があった(開業当初は日中の半数の列車が当駅折り返し)。なお、2012年(平成24年)10月21日のダイヤ改正により日中の当駅折り返し列車の運転区間が印旛日本医大まで延長されたため、現在は平日の朝ラッシュ時・夕方以降を除いて他の北総線の駅と同じ運転間隔である。周辺は、千葉ニュータウン(西の原・滝野地区)として1990年代後半に開発され、2000年代に入ると広大な土地を利用して駅周辺に大型商業施設が相次いで開業したことにより発展した。南口にはビッグホップガーデンモール印西、北口には牧の原モアが隣接する。また、北口側の千葉ニュータウン21住区(牧の原地区)の開発が行われており、完成すれば約2000世帯の大きな住宅地となる予定である。なお、北総線および国道464号に並行してある広大な開削スペースは成田新幹線(未成線)、および北千葉道路用に確保されていたものである。このうち国道464号の平行高規格道路北千葉道路は既に建設、供用されており、成田新幹線用地は印西牧の原駅を挟んで両隣の千葉ニュータウン中央駅~印旛日本医大駅間に、太陽光発電設備のパネルが設置されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ