緑地公園駅は、大阪府豊中市東寺内町にある、北大阪急行電鉄南北線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




北大阪急行電鉄南北線の緑地公園駅でございます。相対式2面2線の掘割の中にある半地下構造の駅でございます。新御堂筋は地形の関係でこの周辺の道路幅が狭いため、この駅周辺の線路が半地下となっております。北大阪急行電鉄南北線の開通時点ではこの駅は設置されず、周辺の開発がある程度進んでから設置されております。相対式2面2線なのはそのような経緯からでございますね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    緑地公園駅(りょくちこうえんえき)は、大阪府豊中市東寺内町にある、北大阪急行電鉄南北線の駅。この駅では平日の10時01分から16時33分まで、大阪市内方面行きの電車と千里中央方面行きの電車が同時に発車する。大阪府のニュータウン建設計画により、ニュータウン内に一駅(桃山台駅)および寺内地区に一駅(当駅)の駅設置が決定された。南北線建設の際、大阪府は駅設置のための道路用地の拡幅が不可能であるとして、当駅を地下駅とすることを提案したが、建設費が高額となるため、現在の半地下構造が採用された。当駅は建設の際、将来的に駅舎を設置出来るように配慮されたが、南北線開通時点では周辺の開発が進んでいなかったため駅開設は行わず、周辺の区画整理の進捗状況に合わせて建設時期を決定することとなった。相対式ホーム2面2線(長さ:1番線が191.7 m・2番線が190.35 m)を有する半地下駅。駅前後では新御堂筋の北行き・南行きの道路が線路を挟む形態であり、駅の部分は掘割状で、ホームの真上は新御堂筋の北行き・南行きの車線となっている。改札口は南口と西口の2か所がある。南口は、各ホームを連絡する地下道部分にあり、新御堂筋の道路面からは2階層下になる。エレベーターは各ホームから地下道に直結する形で一基ずつ、エスカレーターは同様に1基ずつで昇り専用のみ(終電付近はくだり専用)。西口は2番ホーム側に設けられており、駅西側の駅ビルに直結している。西口は開設時間(午前7時から午後11時まで)が限定されている。各ホームに待合室が2つずつ設置されている。「緑地」を意識したためか、駅の壁は薄緑色に塗装されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ