島本駅は、大阪府三島郡島本町桜井にある、JR西日本東海道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






東海道本線の島本駅でございます。JR京都線の愛称区間に含まれている駅でございます。島式1面2線でございます。複々線区間に新設された駅はこのように外側線にホームを設けない島式を採用しておりますな。2008年(平成20年)に開業した駅でございます。この駅が出来るまでは途中駅のない山崎駅と高槻駅との駅間が7.5kmあったのでございます。今でもこの島本駅と隣の高槻駅間の距離は5.3kmあります。いずれはこの間に新駅が出来てもおかしくないのでございます。ここのホームの端は鉄道撮影の名所になっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    島本駅(しまもとえき)は、大阪府三島郡島本町桜井一丁目にある西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。高槻駅 – 西明石駅間で快速になる列車を含む普通電車のみが停車する。東口駅前には有料の駐輪場(バイクおよび自転車が駐車可能、出入口は回転ゲート式)が設けられている。また、西口は現在のところ一般の自動車が通行可能な道路が整備されておらず、当面は自転車・歩行者専用道路のみ利用できる。隣の高槻駅との駅間は5.3kmあり、JR京都線内で最長となっている。また、当駅付近の一帯は鉄道写真の有名撮影地としても知られているため、多くの鉄道ファンが集まる。JR京都線内最初の業務委託駅である。山崎駅と高槻駅との間は1876年(明治9年)の当区間の路線開業以来、7.5キロメートルもの駅間距離で、新駅構想があった。島本町内では、国鉄時代から新駅設置に向けた動きがあったが、財政上の問題などから見送られてきた。しかし、1997年(平成9年)にJR西日本から同町に対して新駅設置の希望の有無について打診されたことを受けて、町内で設置についての本格的な検討が始まる。同町の1999年度の都市計画マスタープランでは、新駅設置予定地を合宿施設である大阪府立青年の家付近としていたが、同施設が2001年3月に閉鎖されたことで新駅東側および駅前広場用地の取得に関する問題が解決に向けて大きく前進したため、一気に計画が進展することとなった。駅設置計画当初は2007年3月18日の開業を目指していたが、建設計画が変更されたため、開業は2008年3月15日に延期となった。また、開業式典には橋下徹大阪府知事(当時)がテープカットに参加した。ホームの設置は、下り方面の線路を移設することでスペースを捻出して行われた。用地買収が難航していた駅西側の一部の土地は、駅開業後も所有者が買収に応じなかったため工事を着工することができなかったことから、西口からの歩道は一部通行止めとなっていた。このような状態がしばらく続いたが、用地買収が完了し工事が再開され、2009年3月23日に通行止めとなっていた歩道が完成し、新駅設置事業の全てが完了した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ