白糠駅は、北海道白糠郡白糠町にある、JR北海道根室本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








根室本線の白糠駅でございます。2面3線のいわゆる国鉄型配線の構造に、かつては中線や側線があったであろう痕跡がございますですな。1983年(昭和58年)に廃止となった白糠線がここから分岐していたそうでございます。駅前の看板で知りましたが、しそ焼酎の鍛高譚の故郷なんですな~。白糠町特産だったんですな~。昔よく飲んでましたっけね~、しらぬかホトケってヤツですかな(←またまたムリしてダジャレ突っ込むなってのにw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    白糠駅(しらぬかえき)は、北海道白糠郡白糠町東1条南1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。白糠町の代表駅で、特急「おおぞら」1号・4号を除く全列車が停車する。かつては当駅から北へ白糠線が分岐していた。駅名は、アイヌ語の「シラル・カ(平磯の岸)」に由来する。島式・単式ホーム2面3線をもつ地上駅。白糠線は3番のりばに発着していた。ホーム間の移動は跨線橋で連絡している。北海道ジェイ・アール・サービスネットが受託する業務委託駅。みどりの窓口設置。たこ焼きやおやきを販売する店舗「駅の家ハッピー」が駅舎内に入居している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ