玉造駅は、大阪市天王寺区にある、大阪メトロ長堀鶴見緑地線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










大阪メトロ長堀鶴見緑地線の玉造駅でございます。島式1面2線の地下駅でございます。長堀鶴見緑地線は西長堀から長堀通を通り、ここまで来て今度は向きを北に変えて玉造筋の下を森ノ宮方面に進みます。ほぼ直角に向きを変えるのでございますが、然るに大阪環状線の玉造駅とは少し離れた位置に駅がございます。デザインテーマが勾玉でございます。この地が勾玉を造っていたので玉造となったことに因みます。地上に出ますと下町感があふれる街でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    玉造駅(たまつくりえき)は、大阪府大阪市天王寺区玉造元町および玉造本町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の駅である。JR西日本の大阪環状線と、Osaka Metroの長堀鶴見緑地線が乗り入れ、接続駅となっている。JRの駅はアーバンネットワークエリア、および特定都区市内制度における「大阪市内」に属する。JR西日本の駅シンボルフラワーは「稲穂」である。JR西日本-相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。ホーム有効長は8両編成。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。改札・コンコースが1階、ホームが2階にある。改札口は2箇所設置されている。地上駅時代のホームがわずかに残っていたが、再開発のため2008年に消滅している。「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、2015年3月22日からアメリカ民謡の「メリーさんのひつじ」が発車メロディとして使用されている。当駅高架下の商業施設「ビエラ玉造」において、窓枠を音階に見立てて同曲を表現していることに因んでいる。大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)-島式ホーム1面2線を持つ地下駅。改札口は森ノ宮寄りの1か所のみ。当駅(地下鉄駅)のテーマは「勾玉」である。薄い紫とグレーを基調とした和風のデザインであり、コンコースの壁画は難波宮などをモチーフにした「過去から未来への時間の旅」となっている。ホーム壁面は和紙を思わせるデザイン。コンコースには、勾玉をデザインした方位盤を設置している。森ノ宮側では直角のカーブがある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ