空港通り駅は、香川県高松市寺井町にある、高松琴平電気鉄道琴平線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




高松琴平電気鉄道琴平線の空港通り駅でございます。単式1面1線の棒線駅で、無人駅でございます。空港通りの寺井高架橋が駅の上を跨いでおります。高架橋は歩行者は通行できないので駅舎の反対側に抜けられる地下道がございますが、後に構内踏切が設置されております。高松空港へのアクセスのために2006年(平成18年)に新設開業した駅でございます。琴平線の沿線住民が高松空港を利用する際のアクセス目的ですな。拙者なんぞは岡山からですから高松空港へ向かうには坂出駅・丸亀駅か高松駅からリムジンバスに乗るのでございますがね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    空港通り駅(くうこうどおりえき)は、香川県高松市寺井町にある、高松琴平電気鉄道琴平線の駅である。高松市が駅近くにパークアンドライド用月極駐車場を整備したほか、付近には高松空港リムジンバス「空港通り一宮」バス停(北へ約400m)やタクシー乗り場(駅前)もあるなど、琴平線沿線から当駅を介した高松空港へのアクセス改善が図られている。単式ホーム1面1線を有する。ホームは線路南側。構内踏切がある。高松琴平電気鉄道では2012年現在、設置時期によって数種類の駅名標が混在しているが、当駅の駅名標は仏生山駅などに設けられたものと同じ最新デザインのものとなっている。当駅は寺井高架橋直下に建設された。この高架橋は自転車・歩行者通行禁止のため、自転車・歩行者は当駅直下の地下道を通って線路を越えていた。しかし、当駅に構内踏切が設置されたため、地下道の通行はほとんどなくなった。それでも少数の利用者のために、冬季は「凍結注意」の看板が香川県によって掲示されている。2006年(平成18年)7月29日 開業。当初計画(同年9月)より前倒しの開業となった。また、琴平線の新駅は1956年の三条駅以来50年ぶり。当駅設置前の仮名称は寺井駅。設置発表時に、空港通り駅として発表された。当駅のホームは、栗林公園駅-一宮駅間の複線化用地とされていた場所に建設されており、島式ホームへ改造可能な構造にもなっていない。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ