荒井駅は、兵庫県高砂市荒井町扇町にある、山陽電気鉄道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






山陽電気鉄道本線の荒井駅でございます。相対式2面2線の駅でございます。改札口が神戸方面行ホーム側に地上改札と公共の地下道と繋がっている地下改札、更に朝の通勤時間帯のみ開かれるICカード専用の出口専用改札と3か所ございます。ホーム間も構内地下道とエレベーター専用跨線橋がございます。駅周辺にある工場への通勤者が多いためにこのようになったようでございますな。上下線の線路間が広く取られておりますが、かつて並行して走行していた国鉄の貨物専用線が存在していた頃の名残か何かなんでしょうかね?詳細は不明でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    荒井駅(あらいえき)は、兵庫県高砂市荒井町扇町にある、山陽電気鉄道本線の駅。相対式ホーム2面2線を有する地上駅。有効長は6両。改札口は神戸方面行ホーム側に地上改札があるほか、神戸寄りに地下改札がある。互いのホーム往復は後者の地下コンコースを使用する。どちらの改札口も無人化されている。地下改札は、駅構内東側をアンダーパスする公共の地下道と繋がっており、開設当初は、周辺の工場への通勤者などの定期券客専用で、朝夕のみの稼動だったが、現在は昼間時も使用されている。また、駅南西部にはICカード専用の出口専用改札があり、朝の通勤時間帯のみ開かれる。2011年春にバリアフリー化工事が終了し、改札口と各ホームを結ぶエレベーター専用跨線橋が設置された。なお、当駅にはすでに上りホームと下りホームをつなぐ地下道があるが、それのバリアフリー化はなされていない。上りホーム側のエレベーターは改札階-上りホーム-跨線橋と3か所にとまる珍しい形になっている。駅周辺の企業が社員の自家用車通勤から電車通勤への転移を積極的に進めたことにより、利用者数が激増している。かつては駅南側に、本線と沿う形で国鉄高砂線から分岐したキッコーマンへの専用線があった。現在は道路として整備されている。また山陽電鉄がバス部門を保有していた時期は、駅前広場に隣接してバス車庫も設けられ、バス浜国道線(二見・明石方面)・北条線の相互接続駅としても機能していた(バス路線は神姫バスへ移管・浜国道線は休止中)。またバス車庫建屋は近年まで駐輪場として使われていた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ