三津駅は、愛媛県松山市三杉町にある、伊予鉄道高浜線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










伊予鉄道高浜線の三津駅でございます。島式ホーム1面2線に片側の線路に接する単式ホーム1面がある、2面2線の地上駅となっております。単式ホームの方は普段は閉鎖されておりますですな。花火大会などの多客時のみ使用されているようです。単式ホームの側に瀟洒な駅舎がございますが、改札は島式ホームの先端部にあり、遮断機付きの構内踏切で連絡しております。この踏切からは反対方向にも出入りが可能となっておりますね。夏目漱石の坊っちゃん、主人公が四国に到着して乗ったマッチ箱のような汽車、この駅から乗ったのでございます。フェリーが発着する三津浜港はここから約1kmの距離にございますが、広島に向かうフェリーと高速船の松山観光港は高浜駅が最寄りとなります。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    三津駅(みつえき)は、愛媛県松山市三杉町(三津浜地区)にある伊予鉄道高浜線の駅である。伊予鉄道発足当初は当駅が終点であった。衣山駅・古町駅と共に高浜線の交通結節点に指定されている主要駅で、駅前にはループバスが乗り入れている。緊急時の区間運転では折り返し駅となる。古町駅・松山市駅とともに、四国で最初に開設された鉄道駅の一つである。しばしば「四国最初の駅」とされる丸亀駅・多度津駅・善通寺駅・琴平駅よりも開業は早い。夏目漱石の小説『坊っちゃん』では、四国に着いた「坊っちゃん」はこの駅(三津停車場)から「マッチ箱のような汽車」と表現した「坊っちゃん列車」に乗っている。1888年(明治21年)10月28日:開業。島式ホーム1面と単式ホーム1面を組み合わせた2面2線を持つ地上駅で有人駅。かつては2面3線の形態であったが、3代目駅舎建て替え時に島式ホームを拡張し、単式ホームと同じ線路に面する現在の構造に変更された。単式ホームは通常は閉鎖されており、三津浜花火大会などで臨時使用される。山西駅寄りに渡り線があり、高浜線において人身事故や信号トラブルなどが発生した場合、当駅または古町駅での折り返し運転を実施する。三津浜港 – 防予フェリー、周防大島 松山フェリー、中島汽船により運航されるカーフェリー航路が発着する。西へ約1km。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ