中山寺駅は、兵庫県宝塚市中筋四丁目にある、JR西日本福知山線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










福知山線の中山寺駅でございます。JR宝塚線の愛称区間に含まれております。相対式2面2線の地上駅で、橋上駅化されております。1980年代以降に急速に宅地化が進み、それまでの農村風景が一変した地域でございます。現在では快速停車駅となっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    中山寺駅(なかやまでらえき)は、兵庫県宝塚市中筋四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線の駅である。アーバンネットワークおよび「JR宝塚線」の愛称区間に含まれている。駅名の通り、JRにおける中山寺への玄関口だが、当駅からは1 km以上離れている(徒歩で約15分)。同様に最寄駅となる阪急宝塚本線の中山観音駅や山本駅への対抗や乗降客の増加により、2003年12月1日からは快速の停車駅に格上げされた。かつては中山駅だったが、国有化後、横浜線の中山駅と区別するため、中山寺駅に改称された。なお、中山観音駅も開業当初は「中山寺」を名乗っていた。国鉄時代は早くから無人駅化されていた。この頃は跨線橋がなく、下り(福知山)方面の乗降客は線路を横断して駅舎に向かう必要があった。国道176号を挟み、駅北側の山手を走る阪急宝塚本線沿線に比べ、田畑が一面に広がり、駅前も寂しい状態だった。1980年12月の複線化と1981年4月の電化に合わせ、駅舎は橋上化されたが、相変わらず駅は無人なままで、周囲も大きく変化しなかった。しかし、JR民営化後に行われた宝塚市の土地区画整理事業により、バスやタクシーが乗り入れる駅南側広場や地下自転車駐車場、商業施設が整備された。その結果、住宅開発が急速に行われて乗降客が著しく増え、駅員配置化や快速が停車するまでになった。2面2線の相対式ホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。現在の駅舎は、宝塚駅までの区間が電化された時に旧来の古い木造駅舎に代わって建てられたもので、基本構造は川西池田駅と同じである。エレベーターは上下ホーム、また改札外の南北に各1ヵ所、計4ヵ所ある。エスカレーターは上下ホームそれぞれの西側(宝塚寄り)に昇り用・降り用が各1ヵ所ずつ設けられている。自動改札機は入場専用・出場専用・入出場兼用がそれぞれ1通路、計3通路あるが、快速の停車開始などで乗客が増えてからも増設されておらず、ラッシュ時にはしばしば通行客の流れが滞ってしまう。快速の停車開始と共にみどりの窓口も設置された。また、キヨスクはないが、2017年9月上旬より、ハートインセブンイレブンが北口にオープンした。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ