北小松駅は、滋賀県大津市北小松にある、JR西日本湖西線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




湖西線の北小松駅でございます。全線複線高架区間にある相対式2面2線の高架駅となっております。ホームは2階にあり、改札口は地上にございます。駅前広場を高架で通過する形で国道161号高島バイパスが建設中でございます。駅の西側には比良山地が迫ります。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    北小松駅(きたこまつえき)は、滋賀県大津市北小松にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)湖西線の駅である。大津京駅からの大津市内の駅は当駅が最後となる。湖西線開通前の1969年まで付近を走っていた江若鉄道にも、同名の駅が存在した。駅前を横切る細い道は、かつての江若鉄道跡である。相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。駅東側からのみ出入り可能。敦賀発着の新快速が上下線とも1時間あたり1本停車する。旧志賀町の最北端にある駅。かつては駅から少し離れた東側を江若鉄道が通っていた(先述)が、現在はその線路跡に沿って国道161号バイパス(琵琶湖西縦貫道路に属する。事業名は「小松拡幅」)の建設が進められている。国道161号はその東側を通り、北小松漁港から勝野南ランプ(国道161号高島バイパス)は一部を除き、琵琶湖沿いを通る。駅西側は比良山地となっているが、駅付近には寺が2つある。山の方へ進むと比良げんき村があり、そこから登山道を経由すると楊梅の滝に至る。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ