三ヶ根駅は、愛知県額田郡幸田町深溝にある、JR東海東海道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






東海道本線の三ケ根駅でございます。複線電化区間にある相対式2面2線の地上駅で、自由通路のある橋上駅となっております。あじさいで有名な深溝松平家の菩提寺の本光寺やF-86戦闘機旭光が展示されている幸田町郷土資料館などの最寄り駅となっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    三ケ根駅(さんがねえき)は、愛知県額田郡幸田町大字深溝字大池田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。幸田町南部に位置し、1967年(昭和42年)に開業した。駅の所在地は幸田町深溝(ふこうず)である。難読地名のため、駅名決定時には所在地名ではなく三ヶ根山への玄関口として「三ケ根」が採用された。当駅前から三ヶ根山ロープウェイの山麓駅までの名鉄バスの路線が存在したこともあったが、三ヶ根山ロープウェイが1976年(昭和51年)に廃止され、バス路線も一時廃止されたため、三ヶ根山への玄関としての役割はほとんどない。幸田町のみならず、蒲郡市西部の形原町や西浦町などからも一定の利用がある。停車列車は、普通列車および早朝・深夜のみに運転される豊橋 – 岡崎間の各駅に停車する区間快速である。日中は上下線とも毎時2本の停車本数となる。なお、当駅以東で所在地が郡部となる駅は静岡県田方郡函南町の函南駅まで存在しない。相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を備える。外部と駅舎の間、また駅舎とホームとの間は階段のみでエレベーター、エスカレーターは無い。岡崎駅が管理する無人駅である。自動券売機1台(TOICA対応)および簡易型自動改札機(TOICA対応)がある。東口の駅前には交通量の多い国道248号が走っており、地下道が設置されている。東口のロータリーには、岡崎警察署深溝駐在所があるほか、当駅設置の経緯を記した石碑がある。西口には、愛知県道383号蒲郡碧南線が走っている。名鉄蒲郡線が衰退した今日、西尾市東幡豆町や、蒲郡市西浦町などからこの駅まで自家用車で向かい、パークアンドライドを利用する人もいる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ