幸田駅は、愛知県額田郡幸田町芦谷幸田にある、JR東海東海道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








東海道本線の幸田駅でございます。複線電化区間にある地上駅で、かつては単式島式複合型の2面3線、いわゆる国鉄型配線だったうちの単式1面1線を廃止撤去した島式1面2線と留置線が計3本ある構造となっております。コンクリート造り平屋の駅舎があり、ホームへは上屋付きの跨線橋で連絡しております。改札外に歩行者専用の自由通路の地下道がございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    幸田駅(こうだえき)は、愛知県額田郡幸田町大字芦谷(あしのや)字幸田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。幸田町の中心部に位置する駅で、幸田町内にある3駅の中で最初に開業した駅である。駅名の読みは「こうだ」だが、地名の読みは「こうた」である。これは地名の読みも「こうだ」だった時の名残である(幸田町は1954年に旧豊坂村と合併した際に読みを「こうた」に改めた)。普通列車および早朝・深夜のみに運転され豊橋 – 岡崎間の各駅に停車する区間快速のほか、一部の特別快速(下りの朝ラッシュ時のみ)・新快速・快速(上下とも半数ほど)が停車する。日中は上下線ともおおむね毎時3本の列車が停車する。また、留置線に貨物列車が停車していることもある。島式ホーム1面2線を持つ地上駅。下り線側に2本、上り線側に1本留置線がある。駅舎は構内東側にあり、ホームとは跨線橋で連絡している。ホームに待合室が設置されている。2008年3月、跨線橋にエレベーター2基の設置が完了した。岡崎駅が管理する無人駅である。駅舎には自動券売機、サポートつき指定席券売機、自動改札機(TOICA対応)が設置されている。改札外に待合室(禁煙)があり、長年東海キヨスクが設置されていたが、現在は撤去され代替の自動販売機が設置されている。また、待合室外での喫煙も禁じられている(一度改札外の植込みでボヤ騒ぎが起きたため)。駅舎北側より線路西側へ出る地下通路(自由通路方式)がある。ただし、歩行者と自転車専用で自動車等の車輌は通行できない。駅舎が置かれている東側は、幸田町の中心市街地であり、駅前から南にかけて愛知県道483号岡崎幸田線に沿って商店街が広がっている。幸田町は2006年~2022年の予定で約2.9haを対象とした土地区画整理事業を実施。2012年、駅前に屋外型の小規模ショッピングモール「幸田駅前銀座」がオープンしたが、南側の土地は未だ更地状態であり更なる再開発が期待される。一方で、駅西側には駐車場があるが、田園風景が広がっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ