ロープ駆動式短距離交通システム、スカイレールに乗ってみた。

ここにしかないスカイレールなる乗り物に乗るためだけに瀬野まで来た



我輩の父方の本家が所在する土地で幼い頃には来ているのだが今は全く疎遠でその場所すら何処だか判りようがないほどなのだ~w それはともかく、往復してみる。


モノレール式のロープウエイ的なモノといえば想像付くかしらん?





  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    スカイレールサービス株式会社は、広島県広島市安芸区の住宅団地「スカイレールタウンみどり坂」への交通機関として短距離交通システム「スカイレール」によるモノレール路線「広島短距離交通瀬野線(スカイレールみどり坂線)」を運営している企業である。本社はみどり口駅構内に所在する。住宅地「スカイレールタウンみどり坂」の開発を行う積水ハウス、青木あすなろ建設(当時は青木建設)、およびスカイレールを開発した神戸製鋼所・三菱重工業などの出資で1994年(平成6年)に設立された。スカイレールとは、ロープウェイのゴンドラのような形をした懸垂式モノレール車両を、駅間ではワイヤロープで、駅構内ではリニアモーターを用いて駆動する方式の交通システムで、懸垂式モノレールとロープウェイを組み合わせたようなものである。「ロープ駆動式短距離交通システム」、「ロープ駆動懸垂式短距離少量輸送軌道システム」とも呼ばれる。神戸製鋼所・三菱重工業などが共同で開発した。車体の支持・案内を桁構造と車輪で行っているため強風に強く、ロープウェイやゴンドラリフトなどといった従来の急勾配向けの交通システムの弱点を克服している。運行速度は18 km/h – 25 km/h。常用平均加速度2.5 km/h/s 、常用平均減速度3.5 km/h/sの性能を持ち、263 ‰(パーミル。約15度)の急勾配、半径30 mの急カーブにも対応できる走行性がある。 「スカイレールタウンみどり坂」のような丘陵地の上に造られた住宅地と最寄の駅を結ぶ短距離の交通機関などに向いている。駅から発車する際は、リニアモーターで加速し始め、設定速度に達した瞬間にワイヤーロープを掴んで(握索)出発、停車の際は同じくワイヤーロープを放して(放索)リニアモーターで減速し、機械式保安ブレーキで停止するなど、世界的に例のない特徴的な動作をする。みどり口駅の窓口にて、会社や路線、車両、システム等の解説が載っている公式パンフレット「新世紀に向けて いま発進! スカイレール みどり坂線」(全8ページ)を1,000円で販売している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)