保津峡駅は、京都府京都市西京区と亀岡市にまたがる、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅である。

雨が小降りになってきたんで、こういう日は保津峡ってどんな感じなのかな?と思い立ってきてみた。嵯峨嵐山駅のお隣、秘境駅で知られる保津峡駅だす。行きも帰りも乗降客はワタシのみです、もちろん。

下り方面ホームから見た景色はこちら。

改札のある駅舎に向かう道のりはこんな感じです。







要するに下りホームからは複線の線路の下をくぐる形で崖上に設置された通路を通って、上りホーム側にある改札に向かうのでございます。

そして駅舎を出ると、もちろん民家なんぞ皆無のこの光景。



駅自体が保津峡の中にあり、周辺に人家はない。約4km北には、「柚子の里」や「清和天皇陵」などで知られる水尾集落がある。駅前には3台程度駐車できるスペースがある。
Wikipedia

駐車しているクルマは、水尾あたりから京都市内に通勤するか用事のある人が駐めて居るんだろうね。



ところで、保津峡には特に中学生の頃に夏場に頻繁に来ていた・・・泳ぐためにね。もちろん今どきは全面的に遊泳禁止になっているはずです。その当時は川縁を遊歩道のように散策できる箇所が随所にあって、嵐山から落合という清滝方面からの合流地点の間には穴場的に水泳遊びができるような場所もあったんですよ。幾度かの自然災害やなんかで次第に立ち入るのも憚られるようになっちゃったんだと思うけど。今の保津峡駅は1989年(平成元年)に複線で切り替えられて現在地に移転したもので、前述した頃には別の場所に旧線の保津峡駅があって、そちらは現在の「トロッコ保津峡駅」になっているんですが、ワタシなんぞは保津峡駅って言うと旧線の保津峡駅がイメージされちゃいますね。

さてと、おいしい空気で呼吸も整ったので、岡山へ戻るとしますか。







  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    保津峡(ほづきょう)は、京都府亀岡市から京都市右京区嵐山の渡月橋に至る保津川(桂川)の渓谷である。保津川峡谷とも。川下りや観光トロッコ列車で知られる景勝地であり、京都府立保津峡自然公園に指定されている。丹波高地を発した桂川は、亀岡盆地から京都盆地に出るまでの11.5kmにわたって愛宕山南麓の狭隘な山間部を蛇行して流れている。この山間部の渓谷が保津峡である。直線距離にして7.3kmを11.5kmもかかって流れるこの蛇行の原因は保津峡が先行谷であることによる。これは勾配が緩いため川が自由に蛇行していたあとから、川を横切るように東西走向の丹波層群が徐々に隆起したが、その速度よりも谷の下刻(下方侵食)速度が速かったために、蛇行していた流路がそのまま残ったものである。渓谷は巨岩、巨石に富んだ急流と瀞が続き、大高瀬、二股の瀬、殿の漁場、女渕、烏帽子岩、鎧岩、かえる岩、書物岩、ライオン岩などの見どころが連なっている。左岸にハイキングコースはあるものの、嵐山からJR保津峡駅の間は清滝を経由していて渓谷沿いではない。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)