万葉線は、高岡軌道線と新湊港線を運営する会社。









新旧取り混ぜて色々な車両が在籍し活躍中なのですな。「正式には高岡駅停留場から六渡寺駅までが軌道法による軌道である高岡軌道線、六渡寺駅から越ノ潟駅までが鉄道事業法による鉄道である新湊港線の2路線に分かれているが、一体の直通路線「万葉線」として運行されている」とのことでございます。超低床構造の2車体連接車、MLRV1000形(アイトラム)の中の編成に今回乗車した「ドラえもんトラム」がございますが、やはり子供達から絶大なる人気を獲得しておりますですな。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    万葉線株式会社(まんようせんかぶしきがいしゃ)は、富山県高岡市と同県射水市を結ぶ高岡軌道線と新湊港線を運営する第三セクター方式の鉄道会社である。万葉線は、正式には高岡駅停留場から六渡寺駅までが軌道法による軌道である高岡軌道線、六渡寺駅から越ノ潟駅までが鉄道事業法による鉄道である新湊港線の2路線に分かれているが、一体の直通路線「万葉線」として運行されている。かつて越中国守として高岡の伏木に赴任した大伴家持が、『万葉集』の編集をはじめ、数多くの歌を残したことにちなんで、加越能鉄道(現在の加越能バス)が経営していた時代の1980年(昭和55年)に「万葉線」という愛称が付けられた。加越能鉄道が、利用客の著しい減少と経営環境の悪化を理由に廃止とバス代替の意向を示したため、存続を願う高岡市と旧新湊市が中心となって2001年(平成13年)に第三セクター会社の「万葉線株式会社」を設立した。2002年(平成14年)2月に、加越能鉄道から事業譲渡され、同年4月1日から新会社にて正式に運行が開始された。路面電車を運営するための第三セクター会社は日本初であった。2004年(平成16年)1月21日より、新形の超低床車両「MLRV1000形」を導入している。観光客を主とした乗客誘致のため、2008年7月から土・日・祝日は沿線の新湊出身の落語家である立川志の輔の声で車内アナウンスと沿線案内を行っており、ユニークなアナウンスを聞くことができる。なお、このアナウンスは「ドラえもんトラム」では放送されない。 また、2018年からトミーテックの鉄道むすめとのタイアップにも取り組み、地元以外から鉄道ファンや萌え系愛好者の集客にも役立てている。イメージキャラクターに設定されている「吉久こしの」の等身大イラストが万葉線本社の窓口にあるほか、スタンプラリーやグッズ販売なども実施している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)