雨晴駅は、富山県高岡市渋谷にある、JR西日本の駅である。











氷見線の越中国分駅から雨晴駅の間の景観は有名でございますな。特に雨晴駅付近から富山湾越しに立山連峰を望む景色の素晴らしさは筆舌に尽くし難い美しさでございます。ここに来るまでの天気予報では「雨」模様だったんですよ。来てみたら「晴」。よかったですわ~。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    雨晴駅(あまはらしえき)は、富山県高岡市渋谷にある西日本旅客鉄道(JR西日本)氷見線の駅である。1912年(明治45年)4月4日 – 中越鉄道 伏木駅 – 島尾駅間開通と同時に開業し、旅客及び貨物の取扱を開始する。1991年(平成3年)7月1日 – 西日本旅客鉄道の職員6名の配置を廃し、駅務を地元に委託する。2018年(平成30年) – 春の青春18きっぷのテーマ駅に選ばれ、駅からの風景がポスターやチラシに用いられた。相対式ホーム2面2線を持ち、列車交換が可能な地上駅である。北陸広域鉄道部管理下の簡易委託駅である。信号機の自動化に伴ってそれまで6名いた助役等の当駅職員の配置が廃止されることとなったため、地元の観光協会や自治会が雨晴駅振興会を結成して、1991年(平成3年)7月1日に駅務を受託した。構内には観光案内所が併設されており、自転車の貸出を行っている。快速列車ベル・モンターニュ・エ・メール号の停車駅であり、同列車は当駅近辺の海岸を眺望し得る地点において約1分ほどの停車を行う。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)