比婆山駅は、広島県庄原市西城町大屋にある、JR西日本芸備線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










国定公園に指定されている比婆山は広島県庄原市から島根県仁多郡奥出雲町境にまたがるのでございますが、これを名乗る比婆山駅は、広島県庄原市西城町にございます。比婆山といえば、1970年(昭和45年)から1974年(昭和49年)に掛けて頻繁に目撃された類人猿型の未確認動物「ヒバゴン」で有名になりましたな。もっとも、目撃された辺りと言うのはこの駅周辺ではなくて駅で言うなら木次線の油木駅が近いんですけどね。ゴリラに似た年老いた大ザルだったのだろうという説が有力なのでございますが、一時はマスコミが殺到するほどの騒ぎであったと記憶しております、はい。この駅も古くは島式ホームの1面2線だったのが手前の線路が廃止されて1面1線になったのでございますね。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    比婆山駅(ひばやまえき)は、広島県庄原市西城町大屋にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)芸備線の駅である。芸備線において、当駅から三次駅までは広島支社三次鉄道部の管轄駅である。隣の備後落合駅以東は岡山支社の直轄である。両支社の指令上の境界駅は備後落合駅であり、同駅の上り場内信号機が支社境となっている。三次方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅(停留所)。国鉄時代には列車交換が可能であった。現在も廃止されたホームの跡が残っている。駅舎はあるが無人駅となっている。かつては駅前の商店で乗車券を販売していたが、2008年(平成20年)春に委託発券は打ち切られた。便所は、簡易水洗式である。当駅と次の備後落合駅の間は、距離は5.6kmだが、徐行区間が多く16分かかる。平成13年10月改正時点では8分であった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。