油須原駅は、福岡県田川郡赤村にある平成筑豊鉄道田川線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












タイムマシンに乗ってタイムスリップかタイムトラベルしたかのような光景が眼前に広がっております油須原駅でございます。開業当時からの木造駅舎はそのままの姿を今に残しておりますし、線路もホーム、構内踏切も拙者の少年時代どころか遥かなる時代の趣を今に伝えているのでございます。これは凄いっす。正直これほどとは思っていなかったので感謝感激観劇するならどこにする?てな状態でございます。ええもん見ましたわ~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    油須原駅(ゆすばるえき)は、福岡県田川郡赤村大字赤にある平成筑豊鉄道田川線の駅である。九州最古の木造駅舎である。大牟田市内の産業廃棄物リサイクル業者「森商事」がネーミングライツを取得し、愛称付きの駅名が森商事 油須原駅(もりしょうじ ゆすばるえき)となっている。相対式ホーム2面2線を有する地上駅。上下ホームは大きく離れた位置にあり、両ホーム間は構内踏切で連絡する。無人駅となっている。田川伊田方面ホームにある駅舎は、開業時からのもので貴重な存在である。バリアフリー非対応。かつて、日本国有鉄道(国鉄)日田彦山線豊前川崎駅から国鉄添田線(現・廃止)大任駅を経て当駅に至る国鉄油須原線の計画があったが、開通しないままに終わった。東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜の撮影に使われた。野生のキジがしばしば飛来し、ホーム上などを歩いていることがある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ