下北沢駅は、東京都世田谷区北沢二丁目にある、小田急・京王電鉄の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












小田急と京王井の頭線の交差する下北沢駅でございます。現在の形になってからは初めての訪問なんですよね拙者。若かりし頃、若者カルチャーの発信地の一つであったこの辺りには当然足繁く来ましたもんね。仕事でも何度も来る機会がありましたし、茶沢通りに面した場所にあったお店のファンだったりしたもんでね。小田急が地下駅と化したことでカオスな雰囲気は和らぎましたが、常に進化する街なんでね、ここって。今後が楽しみな街でもあります、私的に。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    下北沢駅(しもきたざわえき)は、東京都世田谷区北沢二丁目にある、小田急電鉄・京王電鉄の駅である。新宿と渋谷の二大繁華街に鉄道で直結していることから、当駅周辺の下北沢も「シモキタ」と通称されるにぎやかな商業地となっている。小田急電鉄の小田原線と、京王電鉄の井の頭線の2路線が乗り入れ、各路線ごとに駅番号が付与されている。1927年の開業時、当地は世田ヶ谷町下北沢に位置していたことから。下北沢は前近代の下北澤村に由来する大字で、上流の上北澤村(現・世田谷区上北沢および桜上水ほか)と対比した地名。行政地名としての下北沢は現存せず、当地は世田谷区北沢となっている。小田急小田原線と京王井の頭線は当駅で立体交差している。京王が高架駅、小田急が地下駅となっている。小田急の地下化で生じた駅周辺の空き地は「下北線路街」として商業開発されている。井の頭線が以前小田急系列だった帝都電鉄により建設された路線であり、第二次世界大戦中、ともに小田急電鉄→東京急行電鉄(大東急)の路線となったものが、戦後になって小田急電鉄と京王帝都電鉄(現・京王電鉄)に分割された名残りで、2019年3月15日まで両社線間の連絡通路には改札口がなかった。南西口・小田急中央口・東口は小田急電鉄、京王中央口・西口は京王電鉄の管理である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ