東川口駅から、武蔵野線で移動いたします。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






武蔵野線で新松戸の方へ移動します。それにしても近年、武蔵野線が運行本数が増えたので便利になりましたな~。たいして待たずに乗れるようになりましたものね、ホントにラクになりましたよ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    東川口駅(ひがしかわぐちえき)は、埼玉県川口市にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・埼玉高速鉄道の駅である。JR東日本の武蔵野線と、埼玉高速鉄道の埼玉高速鉄道線(埼玉スタジアム線)の2路線が乗り入れ、相互間の接続駅となっている。駅付近に川口市とさいたま市緑区の市境が存在する。周辺は、東川口、戸塚となる。当駅は「東」を名乗るが、京浜東北線川口駅や埼玉高速鉄道線川口元郷駅のある川口市の中心市街地から見ても、市域全体から見ても、または西川口駅から見ても、北方に位置している。中心市街地からは、かなり離れた位置にあるが、周辺はベッドタウンとして住宅地が開発され、中心街とは別の独立した市街地を形成しており、北はさいたま市内に広がる。商店街は主に武蔵野線が当駅の南越谷寄りで跨ぐけやき通り(都市計画道路浦和東京線)に沿って位置している。ロータリーからは周辺の3大学(埼玉学園大学、浦和大学、目白大学)のスクールバスが発着している。駅前には、埼玉高速鉄道線のトンネルを掘削する時に用いられたシールドマシンのカッターヘッド(レプリカ)が展示されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ