流山駅は、千葉県流山市流山一丁目にある、流鉄流山線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












流鉄流山線の終着駅、流山駅でございます。駅ホームの奥には検車区がございます。駅舎は関東の駅百選に選定されておりますな。レトロ感溢れております、いかにもローカル線の終着駅といった趣でございます。いいっすね~こういうの。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    流山駅(ながれやまえき)は、千葉県流山市流山一丁目にある、流鉄流山線の駅で、同線の終着駅である。関東の駅百選に選定されている。駅本屋は流山線敷設当初の1916年の建築である。これまでに修理や改造が加えられている。1937年12月に大規模改築が行われ、1979年12月にはプラットホームと旅客上屋の延伸が行われた。1977年頃の駅舎出入口の表記は「驛」と旧字であった。1998年には当時の運輸省関東運輸局から「東京近郊にありながらローカル色のある駅」という理由で、「関東の駅百選」に選定されている。2003年10月6日には駅舎に乗用車が突っ込み壁を大破し、券売機を破壊する事故が起きた。1面2線の島式ホームを持つ地上駅である。1番線が駅奥の検車区へ通じ、2番線のみが駅舎前に車止めがある行き止まりとなっている。検車区出入の側線がホーム先に続いている。夜間滞泊の運用があり、平日朝通勤時は交互発着が行われる。駅舎は旧来の流山市街地に面しており、住宅が多く、近隣を千葉県道5号松戸野田線(流山街道)、千葉県道278号柏流山線が走る。市街地には、国の登録有形文化財に登録されている呉服新川屋店舗、寺田園旧店舗など歴史的町並みが残り、行灯が燈る流山本町の町並みは「行灯回廊」や「江戸回廊」とも呼ばれ観光活用している。古民家が多く、これらを活用したカフェや交流スペース、宿泊施設への活用が取り組まれている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ