松戸駅は、千葉県松戸市松戸にある、JR東日本・新京成電鉄の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




常磐線と新京成線の松戸駅でございます。拙者はもはやいつ振りか分からないくらい久々でございます。新京成線沿線に過去妻w の身内が居た関係で、若い頃には新京成線に乗るために何度か来ていますが、それも後々に武蔵野線経由になったんでピタっと来る機会がなくなりましたですな。仕事関係では主としてクルマで近辺に来ることはありましたが。近年再開発が進んでいるやに聞いておりますです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    松戸駅(まつどえき)は、千葉県松戸市松戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・新京成電鉄の駅である。松戸市の中心駅であり、新松戸駅と並ぶ交通の要所となっている。江戸時代より水戸街道の宿場町として栄えた「松戸宿」に位置する。東日本旅客鉄道(JR東日本)の常磐線を走行する、常磐快速線(上野東京ライン)、常磐緩行線、新京成電鉄の新京成線の2社3路線が乗り入れている。みどりの窓口・自動券売機・指定席券売機・自動改札機・自動精算機などの設置駅。江戸時代より江戸と水戸との間に位置するため、徳川将軍家および水戸徳川家とのつながりが強く、駅南側に位置する松戸神社には水戸藩の2代藩主だった徳川光圀(水戸黄門)ゆかりの銀杏の樹があり、松戸(大字)には水戸藩最後の11代藩主であった徳川昭武が建てた旧徳川家住宅松戸戸定邸がある。廃藩置県後の1878年、東葛飾郡役所が松戸駅(鉄道駅ではなく宿駅)に置かれた。そのため松戸地区には国及び県の出先機関が置かれている。駅からの主な動線整備としては、駅西口および駅東口に各主要施設を結ぶ歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)が整備されており、大規模な駅前デッキ網として知られる。近年ではバリアフリー整備工事が進み、2018年度に完成した。駅周辺には東横INN松戸駅東口、松戸グランドホテルなどのホテルがあるため、ビジネス利用や観光拠点としても適している。当駅にはJR東日本グループの駅ビルであるアトレ松戸(旧ボックスヒル松戸店)、西口には商業施設「キテミテマツド」(旧伊勢丹松戸店)、ダイエー松戸西口店「イオンフードスタイル松戸」、東口にはピアザ松戸、プラーレ松戸(イトーヨーカ堂松戸店が入居)などの商業施設や商店街が駅周辺に多数林立しているため、昼夜問わず多くの人で賑わう繁華街となっている。繁華街は千葉県内の常磐線の沿線では柏駅に次ぐ規模であるが、2027年にJR駅ビルの開業予定や相模台財務省官舎跡地開発があるなど、利便性が高まりつつある。2017年には、都市開発事業等を通じて緊急かつ重点的に市街地の整備を推進すべき地域として、内閣府が発表した都市再生緊急整備地域の候補地域となったことにより、松戸駅周辺地区(約48ha)を対象に「第20回 まちの活性化・都市デザイン競技」が実施され、新商業施設の開業など都市再開発事業が進んでいる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ