所沢駅は、埼玉県所沢市くすのき台一丁目にある、西武鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












西武鉄道の所沢駅でございます。西武池袋線と西武新宿線のジャンクションであり、西武鉄道の拠点駅でございます。2013年(平成25年)に駅舎リニューアルが完成して見違えるように奇麗かつ近代的になりましたですな。西武は車両の方も近代化が進められていて、どんどん新形式への置き換えが進んでおりますな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    所沢駅(ところざわえき)は、埼玉県所沢市くすのき台一丁目にある、西武鉄道の駅である。西武鉄道の主要路線である池袋線と新宿線が乗り入れ、郊外の拠点駅・ジャンクションとなっている。両路線を直通する列車も設定されている。埼玉県内の西武鉄道の駅の中では最も利用者数が多い駅である。駅周辺、特に西口はプロぺ通り商店街や大型商業施設が立地する所沢市の中心市街地であり、駅ビルの「Grand Emio(グランエミオ)所沢」や西武鉄道本社ビルなど西武グループの重要施設が集積している。豊島区のダイヤゲート池袋に移転するまでは西武ホールディングスの本社も所在していた。他にも旧セゾングループ(かつての西武流通グループ)の西武百貨店(西武所沢S.C.)や西友の店舗も所在している。新宿線と池袋線が乗り入れ、両路線の乗換駅として機能している。歴史的な経緯から、西武鉄道の案内図では新宿線の方が優先され、『新宿線所沢駅』としていることが多い。このほか、池袋線当駅 – 秋津間の秋津寄りにJR武蔵野線新秋津駅への連絡線が分岐している。武蔵野線の開業後に、この連絡線を使って貨物列車の受け渡しが行われたが、貨物列車の廃止後は新型車両の搬入や他社へ譲渡する中古車の搬出用(車両輸送)に使われている。なお、孤立路線である多摩川線の車両の出入りもこの連絡線を通じて行われている。新宿線・池袋線共に全定期旅客営業列車が停車する。単式ホーム1面1線、島式ホーム2面4線、計3面5線を有する地上駅。西武二大幹線が交わるジャンクションであり、名実ともに相互乗換駅としても機能している。先に建設された新宿線が一直線に当駅へ進入しているのに対し、新宿線に合わせるような形で建設された池袋線は急カーブで駅構内に進入する形になっている。駅への進入経路が新宿線と池袋線で上下線が逆に接続しているため、一見して方向がわかりにくい反面、通勤需要の多い東京方面行きが同一ホーム(2・3番線)にまとまったり、「西武新宿発西武球場前行き」「本川越発西武球場前行き」など柔軟な運行が可能となるメリットをもたらした。駅名標に前駅は表記されていなかったが、2008年から設置された新デザインの駅名標には前駅が表記されている。2・3番線では「本川越方面からの西武新宿方面行き」と「飯能方面からの池袋方面行き」の列車接続待ちがしばしば行われる。各ホームを連絡する跨線橋は3か所ある。本川越・吾野方の跨線橋は東口・南口へアクセスする橋上改札があったが[18]、2012年11月27日廃止された。その後、2020年9月2日に南改札が新たに出来たことで跨線橋が復活した。2012年3月8日にはホーム中央部の跨線橋が廃止され、新橋上駅舎の一部の供用を開始した。こちらは西口へアクセスする改札がある。航空公園・秋津側の跨線橋からは橋上改札にはアクセスできない。6月改札外にエキナカ店舗「エミオ所沢」が開店し、13店舗設置された。11月には改札が1ヶ所に統合され、改札内にEmioが7店舗開店し、階段とエスカレーターが新設された。改札外は新橋上駅舎から東口へアクセス可能となった。2018年3月2日より「グランエミオ所沢」としてリニューアルオープンし、改札内と東口ビルを直結する改札が新設された(但しPASMO等のICカード専用で、利用時間は東口ビルの開店時間のみ)。当駅周辺は所沢市の中心部であり、駅を中心に市街地が広がっている。西口の駅前には、プロペ通り商店街をはじめ、西武百貨店(西武所沢S.C.)、西友、駅直結のグランエミオ所沢など、大型商業施設が進出している。また、複数の高層マンション(タワーマンション)が林立している。東口の駅前には、駅直結のグランエミオ所沢の他、西武鉄道本社ビル、日本光電工業総合技術開発センタなど、オフィスビルがある。なお、所沢市役所は隣の航空公園駅が最寄り駅となっている。当駅の東村山寄りからは西武鉄道の車両工場(西武所沢車両工場)への線路が分岐していたが、工場の廃止とともに線路も撤去され、引込線の敷地は転用された(かつて踏切だった道路を跨ぐ部分はレール撤去の上整地)。西口からは、ペデストリアンデッキで西武所沢S.C.、シティタワー所沢クラッシィに直接つながっている。また、2020年半ばには、シティタワー所沢クラッシィに隣接する大型商業施設が開業予定である。東口は1983年になって開設されたため、西口に比べて閑静な街並みとなっているが、西武鉄道の本社ビルが所在しているほか、2019年に豊島区のダイヤゲート池袋に移転するまで西武ホールディングスの本社も位置していた。成田空港・羽田空港へのリムジンバスや多くの一般路線バスが発着する。西口にも路線バスが発着しているが、西口発着の路線は付近の道路渋滞による影響もあり、多くが東口発着や他駅発着に変更され、松が丘方面など路線だけに縮小している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ