益田駅は、島根県益田市駅前町にある、JR西日本山陰本線と山口線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








山陰本線と山口線の益田駅でございます。単式島式2面3線のホーム、その他に留置線が多数ございます。益田市街地は駅を挟んで南北にございますが、駅舎は南側のみ、北側へのアクセスが問題となっておりますですな。山陰本線はただでさえ本数が少ないですが、この駅から西の長門市駅方面へは本数が更に激減し、1日に7本程度しかございません。特急スーパーおきは山口線に入るのでございますが、山口線の方も1日に3本運行される特急を除いては6本程度でございます。悲しくなるのでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    益田駅(ますだえき)は、島根県益田市駅前町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。山陰本線を所属線としており、当駅を終点とする山口線を加えた2路線が乗り入れている。山陰本線の当駅以東は米子支社(浜田鉄道部)が管理し、山陰本線の戸田小浜以西と山口線本俣賀以南は広島支社(前者は長門鉄道部が管理する。当駅は両支社の境界駅であるため、当駅の山陰本線上り場内信号機が長門鉄道部との、山口線下り場内信号機が山口エリア統括部との管轄境界である。そのため、山陰本線・山口線を直通する特急「スーパーおき」を除き全列車が当駅で始発・終点となる。2005年3月1日に「いそかぜ」が廃止され、「スーパーおき」は当駅から山口線に入るため、現在は当駅 – 幡生駅間では定期の優等列車が一本も運転されていない。また、当駅と長門市駅の間は、運行本数が1桁台になっている。2面3線のホームを持つ地上駅。駅本屋側に単式ホームの1番のりばがあり、島式ホームの2番・3番のりばは跨線橋を渡ったところにある。また、3番のりばの外側には留置線があり、夜間滞泊も行われている。2階建ての駅舎は1961年(昭和36年)に改築されたものである。高津川と益田川に挟まれた場所に位置する。昔からの益田市街地(益田地域)は駅の東側になる。駅舎は東西に走る線路の南側(吉田南地域)に設けられており、市役所や文化施設、商業施設等はこちら側に集中する。駅前には再開発ビルである益田駅前ビル EAGAが建つ。駅前から南に県道益田停車場線が延び、100m先で県道益田停車場線と県道益田澄川線に分かれる。一方で、駅北側(吉田地域)は約300m北側を国道191号が平行し、線路の北側には駅前広場になり得る遊休地が存在するが、整備はされていない。駅の南北を結ぶ動線は駅から約300m東の県道益田吉田線のアンダーパスと、駅から約500m西の国道9号の高架橋しかなく、市では南北自由通路の整備を行う計画がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ