宇部駅は、山口県宇部市西宇部南四丁目にある、JR西日本の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




山陽本線と宇部線が乗り入れる宇部駅でございます。単式ホームに切り欠きのある1面2線と島式ホーム2面4線の3面6線ある構造の駅となっております。宇部市の代表駅でございますが、小野田駅と同様に宇部市の中心市街地とは離れていて、中心市街地に近い駅は宇部線の宇部新川駅でございます。周辺はどちらかと言えば住宅街の様相でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    宇部駅(うべえき)は、山口県宇部市西宇部南四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。宇部市の代表駅であるが、当駅は市の中心市街地から北西に5 kmほど離れた場所に位置しており、実質的な中心駅にあたるのは宇部新川駅である。山陽本線を所属線としており、宇部線を加えた2路線が乗り入れている。当駅は宇部線の終点であるが、一部の宇部線列車は山陽本線下関方面へ直通する。宇部線の国有化後は、宇部新川駅が宇部駅、当駅が“西宇部駅”を名乗った時期もあるが、地元の要請でのちに再び改称され現在の名称となった。2011年(平成23年)現在、乗降客数では宇部駅が宇部新川駅を上回っている。また、旧楠町と宇部を結んでいた軽便鉄道である船木鉄道の始発駅でもあったが、1961年(昭和36年)に廃線となっている。旅客駅としては3面6線の構造を持つ地上駅。駅舎に面した単式ホーム(1番のりば)と2面の島式ホーム(3・4番のりば、5・6番のりば)に加えて、単式ホーム厚東寄りの線路反対側を切り欠いたホーム(0番のりば)がある。各ホームは跨線橋で連絡している。管理駅長が配置された直営駅で、みどりの券売機プラスが設置されている。1960年代までは駅周辺に競馬場や映画館などの娯楽施設も立ち並んでいたが、炭鉱の閉山とともに衰退し、周囲は住宅地を中心とし近隣に商業施設が立地する閑静な地域となった。駅周辺は交通量に対して幅員の狭い道路が多く、通過交通と生活交通の輻輳により頻繁に渋滞が発生している。当駅は”西宇部駅”を称していたことがあり、宇部駅に駅名を復した後も「宇部市の西部に位置する駅」であることなどから、地元では当駅及び周辺の地域を指して「西宇部」と呼ぶことがある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ