新山口駅から新幹線700系電車7000番台レールスターの、こだま。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






近年ではもっぱら8両編成の「こだま」として運用されている、Rail Star 用車両700系電車7000番台でございます。久し振りに乗りましたですな。前回乗ったのは博多南駅を訪問した帰りに博多駅まで乗車して以来ですかな。乗ったことはありませんが8号車コンパートメント席が豪華でございます。今後もこの席を利用する機会はないでしょうな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    ひかりレールスター(Hikari Rail Star)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が山陽新幹線の新大阪駅 – 博多駅間で運行する「ひかり」の一種の車両および愛称である。2011年(平成23年)3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開業に合わせて運転が開始された直通列車は別途「さくら」の愛称が付与され、停車パターンは「ひかりレールスター」を踏襲する形で運行を開始。これに伴って「ひかりレールスター」は「さくら」に置き換える形で本数が半減された。その後もN700系(S編成8両)の増備が進むにつれて「ひかりレールスター」の愛称が付与されない「ひかり」への置き換えが進み、この「ひかり」も2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正ではN700系(S編成8両)の増備完了に伴う「さくら」の増発によって同列車に置き換えられた。2013年(平成25年)3月16日時点では、山陽新幹線区間で完結する「ひかり」の定期列車は下り2本、上り3本のみとなり、そのうち「ひかりレールスター」は夜間の下り1本と午前中の上り列車2本まで縮小された。2019年(令和元年)時点で「ひかりレールスター」として運行される列車はすべて通過駅が少なく新大阪 – 博多間を3時間半以上かけて走行するタイプであり、博多発岡山行きに至っては新下関駅と厚狭駅の2駅しか通過しない。繁忙期には、「さくら」並の停車駅数の臨時列車が設定されることもあるが、それについても列車によっては待避が多く、新大阪 – 博多間通しで3時間半に迫る列車もある。現在700系E編成の定期「ひかり」運用は1日3本に留まり、大半が「こだま」および博多南線で運用されている。また、東海道区間で大幅な遅れが見込まれるときは、東海道新幹線からの直通列車を新大阪始発として「のぞみ」などに充当することがある。700系E編成が「こだま」で運用される場合、当初は指定席は8号車のみの設定であり、4 – 7号車の「サルーンシート」は自由席だった。2012年3月17日のダイヤ改正より、指定席が8号車から5・6号車に変更されたことで8号車が自由席になった。さらに、2014年(平成26年)3月15日ダイヤ改正より、4号車も一部の列車を除き指定席となった。このため「こだま」では8号車コンパートメント席部分は灯りが消されている。コンパートメント席の扉の開閉はできるが利用はできない。また、全般検査を施行する際に、順次外部から施錠できるように改造されている。そのため夜間走行時は車両内後部は薄暗くなっている。乗降の扉は従来通り開閉されているのでコンパートメント席付近の通路の通行は可能である。2020年の途中から一部のこだまの7号車、8号車が指定席となり、この場合は普通個室を使用できるようになった。 博多南線では「サイレンスカー」の設定は当初から行われていない。E編成は8両編成であることから、最繁忙期には16両編成である500系W編成、700系3000番台B編成が、また故障や車両検査時には500系V編成がそれぞれ代用運転されることがあった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ