猪谷駅は、富山市猪谷字旦暮にある、JR西日本とJR東海の高山本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










高山本線の猪谷駅でございます。JR西日本とJR東海の境界駅でございます。神岡鉄道の神岡線もございましたが2006年(平成18年)12月に廃止となったのでございます。島式ホーム1面2線で、貨物駅でもあるので広い構内と貨物用側線がございます。島式ホームを切り欠いたホームに神岡線が発着しておりましたが、現在は柵が設置されております。駅前には郵便局と商店が点在するのみで、付近も小集落があるのみの無人駅ですが、乗務員交代の必要があるため特急列車も停車いたします。神岡鉄道の神岡線の廃線跡は、飛騨市側にあるガッタンゴーという名のレールマウンテンバイクで走行できることで有名でございますね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    猪谷駅(いのたにえき)は、富山県富山市猪谷字旦暮にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)と東海旅客鉄道(JR東海)の高山本線の駅である。JRの境界駅の一つであり、在来線に4駅存在するJR東海とJR西日本の境界駅の1つでもある。富山県唯一のJR東海の駅ではあるが、当駅はJR西日本が管理しているのでJR東海が管理する駅は県内にはない。富山県最南端の駅。かつては神岡鉄道神岡線も乗り入れていたが、2006年(平成18年)に廃線となった。1930年(昭和5年)の開業当初は鉄道省(国鉄)飛越線の駅であったが、高山本線全通で同線に編入された。1931年(昭和6年)に神岡までの交通機関として神岡軌道が駅前に乗り入れたが、1966年(昭和41年)に当駅を起点として開業した国鉄神岡線に代わった。この路線は、1984年(昭和59年)に第三セクター鉄道である神岡鉄道の経営に移った。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化では、高山本線が当駅で分割して継承され(当駅より北はJR西日本、南はJR東海)、当駅は両社の境界駅となった。駅の管理・業務はJR西日本金沢支社が行っている(管理は北陸広域鉄道部)。その後、2006年(平成18年)に神岡鉄道神岡線は廃止され、再び高山本線単独の駅となった。地上駅であり、島式ホーム1面2線を有する。ホーム東側が1番のりば、西側が2番のりばと称されている。かつては切欠きホームの3番線に神岡鉄道線の列車が発着していたが、現在は柵が設けられている。ホームと駅舎は構内踏切をもって連絡する。構内には他に貨物線及び待避線を有している。開業以来の駅舎内部には近距離用の自動券売機があり、キヨスク跡には自動販売機もある。西日本旅客鉄道に継承された後に無人駅となったが、駅舎は運輸関係職員の詰所となっている。西日本旅客鉄道北陸広域鉄道部の管理下である。JR旅客会社の境界駅としては、中小国駅と並び無人駅である。特急列車は全列車が停車し、当駅において運転士及び車掌の交替を行う。普通列車は両方向とも全列車が当駅で反対方向に折り返す。接続列車は同一ホームでの対面乗り換えの他、一部列車は縦列停車を行う。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ