網野駅は、京都府京丹後市網野町にある、京都丹後鉄道宮津線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






WILLER TRAINS 京都丹後鉄道宮津線の網野駅でございます。宮津線の非電化区間でございます。愛称の宮豊線区間に含まれており、駅の愛称は静御前と乙姫の里駅となっております。ホームは2面3線のいわゆる国鉄型配線の駅でございます。駅舎外観はヨットをモチーフにした近代的なデザインでございます。駅前ロータリーにある時計台もヨットの帆をイメージしたモニュメントになっております。野村克也さんの故郷最寄り駅でございますですね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    網野駅(あみのえき)は、京都府京丹後市網野町にある、WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線の駅である。「宮豊線」の愛称区間に含まれている。京都府最北端の駅である。2014年に京丹後市の「駅の愛称選定委員会」で公募を経て決定した愛称は「静御前と乙姫の里駅」。単式・島式の複合型2面3線のホームを持ち、列車交換が可能な地上駅である。駅舎は、海に浮かぶヨットがモチーフであり、単式の3番のりば側にある。島式の1・2番のりばへは跨線橋で連絡している。丹鉄線内に15駅ある有人駅の一つであるが、出改札業務は京丹後市に委託されており、早朝と夜間は無人となる。自動券売機設置。窓口では硬券の入場券・乗車券(丹鉄線内・JR線直通)・自由席特急券(京都からの乗継割引含む)を購入することが可能。窓口に常備されていないきっぷ類は補充券を発行する。かつては待合室にキヨスクが設置されていたが2011年4月29日をもって閉店し、売店施設とも撤去された。2013年10月1日に「京丹後市観光情報センター」が開設された。同時に京丹後市観光協会(現・京丹後市観光公社)事務局も丹後地域地場産業振興センター(アミティ丹後)から駅舎内に移転した(後に再び丹後地域地場産業振興センター(アミティ丹後)内に移転)。網野の中心市街地とは離れており、北へ1キロ程度行く必要がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ