湯江駅は、長崎県諫早市高来町三部壱にある、JR九州長崎本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






長崎本線の湯江駅でございます。2面3線のいわゆる国鉄型配線の駅でございます。県境越えの普通列車は一日上下7本のみなので、鳥栖方面へは5時間以上間隔が空く現実がございます。西九州新幹線が開通間近ですが、特急列車もそれによってどのように変化するのかが気になりますよね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    湯江駅(ゆええき)は、長崎県諫早市高来町三部壱にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。長崎方面からの普通列車は一部が当駅で折り返し、鳥栖方面は上下9本(うち2本は小長井駅までの運行であり、佐賀県との県境を越えるのは上下7本のみ)のみの運行となる。このため、5時間以上運転されない時間帯がある。旧・高来町の代表駅である。駅舎に接して単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。ホームは跨線橋で連絡している。一線スルーではない。駅舎は国道側ではなく北側にある。以前は事務室部分にヤマト運輸の営業所が入っており、過去には乗車券の販売を行っていたこともある(現在は近隣に移転)。無人駅であるが、自動券売機が設置されている。かつては特急「かもめ」の一部など優等列車も停車したが、現在は多くの列車が運転停車するものの、客扱いは行わない。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ