桔梗が丘駅は、三重県名張市桔梗が丘にある、近畿日本鉄道大阪線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。







近鉄大阪線の桔梗が丘駅でございます。相対式2面2線、掘割の中に線路とホームがあり、橋上駅になっております。桔梗が丘住宅団地が開発され、周辺人口が急増したことから1964年(昭和39年)に開業した駅でございます。いわゆるニュータウンのハシリでございますですな。大阪まで通勤する人が数多く存在するのでございます。しかしニュータウンの多くがそうであるように、今では高齢化が進んで人口減少という流れになっております。朝と夜には停車する特急も設定されております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    桔梗が丘駅(ききょうがおかえき)は、三重県名張市桔梗が丘一番町にある、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線の駅である。名張市内で初の大規模な団地として開発された桔梗が丘住宅地が1963年(昭和38年)に着工したことと、伊賀線の西名張駅 – 伊賀神戸駅間を廃止することになったため、当該区間に設置されていた蔵持駅の代替として1964年(昭和39年)10月1日に開業した。開業日が第1期の住民の入居前であったことから、開業時点では駅周辺には建物の無い空き地の状態の宅地と建設工事現場が広がっている状態であった。当駅がその玄関口となる場所にある桔梗が丘団地は、高度経済成長期に団塊の世代を中心とする新たな住民が多数移り住み、名張市の人口が急増していく口火を切ったとされている。周辺の人口増加と共に利用者が増加し、最盛期の1995年(平成7年)には一日平均13,129人が利用するようになった。しかし、団塊の世代を中心とする近隣住民の高齢化が急速に進んで定年退職する年齢を迎えており、駅の利用者数は2014年(平成26年)には最盛期の半分以下に減少した。相対式ホーム2面2線を持つ掘割駅で橋上駅舎を持つ。ホーム有効長は10両。改札口は1か所のみ。出入口は東西双方に1か所ずつあり、双方の出口の近くにバスのりばがある。快速急行以下の全一般列車が停車する。朝の大阪方面行きと夜間の松阪方面に限り乙特急も停車する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ