伊東駅は、静岡県伊東市湯川三丁目にある、JR東日本・伊豆急行の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






伊東線と伊豆急行線の伊東駅でございます。単式と島式の2面3線と多数の留置線がございます。相互直通運転が実施されておりますので、中間駅の様な感じではございますが、構内にある第1種踏切が両社の境界となっておりますですな。名高い伊東温泉の玄関駅なので観光客主体なのと言えば、昨今では通勤需要も多いのでございますです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    伊東駅(いとうえき)は、静岡県伊東市湯川三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)・伊豆急行の駅である。JR東日本の駅では最も南に位置する。伊東市街の北端にあり、伊東温泉にも近く、観光客の利用が主であるが、朝夕には通勤通学客の姿も目立つ。日中を中心に伊東線、伊豆急行線との相互直通運転が実施され、朝夕には当駅以北(伊東線)を走行する上野東京ライン系統の列車も発着する。交通系ICカード「Suica」が導入され、「Suica首都圏エリア」に属し、首都圏ICカード相互利用サービスおよび交通系ICカード全国相互利用サービスに対応している。また、当駅以北(伊東線)は旅客営業規則の定める大都市近郊区間制度における「東京近郊区間」にも属している。JR東日本と伊豆急行の境界駅であるが、JR東日本管理の共同使用駅であるため、伊豆急行の社員は乗務員以外配置されておらず、駅管理を行うJR東日本が伊豆急行関連の一部商品販売を受託している。伊東線中間駅(熱海駅の被管理駅である来宮駅・伊豆多賀駅、当駅の被管理駅である網代駅・宇佐美駅)では2015年(平成27年)3月8日より実施の無人駅化に合わせた「駅遠隔操作システム」の導入に伴い、自動券売機から多機能券売機への交換、当駅へ繋がるインターホン・券面確認台を併設した自動精算機の新設が行われた。従来、有人窓口以外で行うことができなかった処理については当駅の駅員が自動精算機を遠隔操作することにより対応している。単式ホーム・島式ホーム計2面3線を有する地上駅。ホーム西側には留置線が3本あり、それぞれの有効長はホーム側から順に11両・10両・7両。伊豆急下田方には本線の西側に並行する引き上げ線が1本あり、有効長は10両だが、7両以上の場合、両渡り線を超えてまたいでしまう。このため1番線から入線できるのは6両までとなっていたが、2012年(平成24年)11月現在、1番線の入換信号機のみ使用停止となっている。また、当駅構内には本線・引き上げ線の計2本を横断する第1種踏切「谷津踏切」が存在する。本線では谷津踏切の直前(熱海方)にあるレールの継ぎ目がJR東日本・JR貨物、伊豆急行との正式な会社境界となっており、その踏切の直前(熱海方)から直後(伊豆急下田方)にある架線柱にかけて、踏切をまたぐ形でエアセクションが設けられている。なお、谷津踏切の管理はJR東日本が行っている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ