大森駅は、大田区大森北一丁目にある、JR東日本の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








京浜東北線の大森駅でございます。島式1面2線の橋上駅でございます。西口側の大森山王周辺は所謂お屋敷町で、私的にはかつて業務状しばしば訪れたことのある地区になりましてね。東口側は東海道の宿場町に端を発する下町然としている地域でございますね。しながわ水族館の最寄り駅でもある京急の大森海岸駅とも近いのでございます。ところジョージでですな、オラの職場の同僚女子が割と毒舌家でございましてですな、取引先営業担当の大森さんという、女性ながら見るからにデカい、つまりデブな人のことを指して「ライスおおもり」なんぞと呼ぶ(勿論カゲでですが)のがツボに嵌って苦笑しているオイラなのでございます。オイラはそれに関してヒトのことを言う資格なんぞありゃしませんので言いませんよ、はい。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    大森駅(おおもりえき)は、東京都大田区大森北一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線であるが、当駅には電車線を走る京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東海道(本)線」とは案内されていない。また、JRの特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。当駅は、新橋 – 横浜間開業の4年後に開業した非常に歴史の古い駅である。元々は線路の保守点検を行う工夫の詰所であったが、それが不要になり駅舎に転用された。京浜間の電車運行開始後は客車列車の通過が増え、昭和初期に停車がなくなって電車専用の駅となった。その後も列車線ホームは長い間残っていたが、駅の改築に伴って1984年(昭和59年)までに解体された。その名残りで、列車線上り線路と下り線路の間隔が少々広く、広告ボードが設置されている。島式ホーム1面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を有する。自動改札機、指定席券売機設置駅。ホームの中央にある「日本考古学発祥の地」と刻された石の標柱は、1877年にエドワード・S・モースが大森貝塚を発見したことを記念するもの。柱の上に載るのは、そのとき発掘された土器の一つを再現したブロンズ像である。元は高さ12.5センチメートルだが、2倍に拡大してある。東海道線を挟んで東側は宿場町が発展した今日の街であるが、西側はどちらかというと古くからのお屋敷町といった感がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ